株式会社八代トマト流通センター 代表取締役 中村 優貴様

株式会社八代トマト流通センターについて 生まれながら家業を継ぐ宿命、それを受け入れ、さらに新しい付加価値を生み出し、人・会社・地域共に成長できる会社にしていきたい。 そのような志を持った、株式会社八代トマト流通センターの…続きを読む

ミヤザキファーム 宮崎 修太様

ミヤザキファームについて 65年続くミヤザキファームの3代目農家である宮崎修太様は「農業者大学校」で4年間勉強を経て就農されました。 販売もほとんど契約にて出荷対応しております。 農業法人ではない個人農家の在り方の一つと…続きを読む

ビニールハウス栽培における土壌水分センサーの利用について

日本では、トマトやいちご、なす、きゅうり、メロンなどの果菜類を中心にビニールハウスを使用した農業生産が行われています。この記事では、ビニールハウス栽培における土壌水分センサーの利用について解説していきます。 目次 1.ビ…続きを読む

おつづき農園 代表 緒續 一馬様

おつづき農園について 祖父から続く3代目農家である緒續代表ですが、初代は牛とブドウ・2代目はスイカメロン、3代目は小松菜と、代変わりとともに栽培作物も変化していったそうです。 今回は、小松菜を生産し売り上げを大きく伸ばし…続きを読む

データロガー付き土壌水分センサーの使い方

土壌水分センサーの中には、土壌に含まれる水分量を測定して記録するデータロガー付きの製品も発売されています。この記事では、データロガー付き土壌水分センサーの使い方について解説していきます。 目次 1.土壌水分センサーが検知…続きを読む

株式会社KARATSU TACHIBANA 代表取締役 上野 勉様

株式会社KARATSU TACHIBANAについて 株式会社KARATSU TACHIBANAの代表取締役でもあり、全国農業青年クラブ連絡協議会の副会長でもある上野 勉様。温州みかんの代表的な品種である「上野早生」を生み…続きを読む

土壌水分の測定と作物別の消費水量を解説

高収量・高品質な農業生産を実現するためには、土壌に含まれる水分量を正確に把握する必要があります。この記事では、農業水分センサーを用いた土壌水分の測定と作物別の消費水量を解説していきます。 目次 1.農業水分センサーとは …続きを読む

水分センサーを使用したEC値の計測と土壌づくりの基準値

水分センサーの中には、土壌に含まれる水分量だけではなく、肥料や塩分濃度を示すEC値(電気伝導度)を計測できる製品もあります。この記事では、水分センサーを使用したEC値の計測と土壌づくりにおける作物別の基準値を紹介します。…続きを読む

株式会社松岡グリーンファーム山都 松岡 和博様

株式会社松岡グリーンファーム山都について 1854年に”肥後の石工”たちの持つ技術を用いて建設した石橋「通潤橋」は、日本最大級の石造りアーチ水路橋で国の重要文化財に指定されております。農業に水は不可欠であり、167年前に…続きを読む

株式会社鳥越ネットワーク 鳥越 耕輔様

株式会社鳥越ネットワークについて 耕作放棄地が増える中、田畑を守る取り組み。過去の慣例にとらわれず独自で仕組みを作り、「農業で楽しい未来を紡ぐ」をビジョンに掲げ有機栽培にこだわった結果、未来につながる持続可能な農業推進コ…続きを読む

トマト栽培で自動潅水するメリットを解説

潅水作業の自動化は、生産者の労力を軽減するのみならず、農業生産に係わるすべての要素に大きな効果をもたらすとされています。この記事では、潅水を自動化するメリットについて、トマト栽培を例に解説していきます。 目次 1.潅水制…続きを読む

ビニールハウス栽培における潅水時刻と潅水量を解説

ビニールハウス等の施設栽培では、潅水制御装置を使用した農作物の水管理が行われています。潅水制御装置は、農作物への水やり作業を効率化するための装置で、農業者の作業的負担の軽減や収量の向上、品質の確保等を目的としています。こ…続きを読む

露地栽培での潅水制御機器導入による作物への影響

「潅水設備」と聞くと、ビニールハウス栽培をイメージされる方が多いかと思います。 天候の影響を受けにくいビニールハウスであれば、潅水設備によって労力を削減することで、効率的に品質の高い作物を生産することができます。 一方で…続きを読む

世界最先端!オランダのビニールハウス栽培を紹介

日本でもスマート農業が浸透しつつありますが、世界でいち早くスマート農業を取り入れ、驚きの高収量を実現している国があるのをご存じでしょうか? それは、風車やチューリップ畑の風景が美しいヨーロッパの国、オランダです。 オラン…続きを読む

トマト・いちごの潅水方法を生育ステージ別に解説

農作物の水管理は、収穫量や品質の成否を決定する大切な要素のひとつです。特に潅水制御装置を使用した高度な水管理は、「果菜類の着果率や糖度にも大きな影響を及ぼす」とされています。 この記事では、トマト・いちご栽培向けの潅水制…続きを読む

野菜ごとの潅水方法とホース・チューブの使い方

目次 1.潅水方法とホース・チューブの種類 2.潅水方法とホース・チューブを選ぶ時のポイント 3.野菜ごとの潅水方法とホース・チューブのご紹介 1.潅水方法とホース・チューブの種類 野菜の栽培で重要な作業の一つである水や…続きを読む

自動潅水が野菜栽培に有効?水分管理の重要性を紹介

目次 1.野菜栽培における水分管理の重要性 2.自動潅水が野菜栽培に有効なわけ-事例①- 3.自動潅水が野菜栽培に有効なわけ-事例②- 野菜栽培における水分管理の重要性 植物の生育には、酸素や気温、二酸化炭素などの環境要…続きを読む

自動制御で省力化へ!話題のスマート農業機器を紹介

SenSproutは遠隔制御できる潅水装置や、土壌水分センサーを中心に開発・販売しています。 しかし、農業には潅水以外にも様々な要素を、自動制御できる機器があります。 ビニールハウス内の環境を作物の生育にあわせてくれる機…続きを読む

自動潅水やICTで野菜栽培!農業参入している大企業

「企業の農業参入」という言葉を聞いたことはあるでしょうか? 農業では、後継者不足やそれに伴う耕作放棄地の増加といった問題を解決するために、企業の積極的な参入が求められています。 そこで、2003年から企業が農地を借りて農…続きを読む

自動潅水システムを使った革新的な研究結果をご紹介

目次 1.自動潅水システムを使った野菜栽培の研究結果 2.トマト栽培における自動潅水システムの優位性と品種間差 3.ピーマン栽培における自動潅水システムの効果 1. 自動潅水システムを使った野菜栽培の研究結果 自動潅水シ…続きを読む

潅水チューブやシステムを用いた少量多潅水のメリット

少量多潅水は、農作物の水やり作業に用いられる潅水方法のひとつです。 農作物の水やり作業は、多大な労力と時間を要することから、大規模農業や施設園芸などではその負担を軽減するために、潅水装置を使用した潅水作業が行われています…続きを読む

少量多潅水とは?作物別の方法や研究事例などを紹介

農作物の潅水方法には様々な種類があります。 その中でも、少量多潅水と呼ばれる潅水方法は、「農作物の水分の吸収率を高くする」という特性から、トマトやスイカ、メロンなど果菜類の栽培を中心に多くの農業現場で実践されています。 …続きを読む

スマート農業や最先端技術を活用した潅水装置を紹介

日本の農業現場では、まだまだ人の手による潅水作業が行われています。 しかし、日本の農業を取り巻く環境は、農業人口の減少や高齢化、後継者や担い手不足等を原因に深刻な人手不足が指摘されています。 この記事では、当社が提供する…続きを読む

潅水装置を使った栽培に適した作物を分類して解説

農作物の栽培は、地域や環境、条件、栽培する作物ごとに様々な方法がとられています。 その中でも、水やり作業を中心とする農作物への潅水において、農場の規模や栽培品目、ビニールハウス等の利用の有無などを条件に、様々な方法や方式…続きを読む

国内外で使用される自動潅水装置と先端技術を紹介

自動潅水装置とは、スプリンクラーや潅水チューブ等を用いて作物の水やりや施肥を自動的に行う設備のことを指します。 この設備を使用した作物の水管理法は、多大な時間と労力が必要とされる作物の水やり作業がすべて自動で行えるため、…続きを読む