YAMABIKO FARM 中原 宏輔様

YAMABIKO FARMについて 大学卒業後ミュージシャンを目指し福岡へ、そこで農業生産者と知り合い交流するとみんな生き生きとしていた。 昔ぼんやりと考えていた、農業をしたい!という思いが再燃し、2014年に新規就農さ…続きを読む

光樹とまと部会 江島 政樹様

光樹とまと部会について 九州佐賀県の佐賀国際空港の近く、有明海を望む広大な干拓地に個人で42a、部会で3haのトマトを栽培されています。 部会の歴史は古く30年以上前に設立されました。 今回は、光樹とまと部会の役員でもあ…続きを読む

株式会社KOMATSU FLOWER 小松 大作様

株式会社KOMATSU FLOWERについて 約10年前にお父様がお亡くなりになり、農作業に追われる日々が続いた後、2019年に法人化して現在は3年目。今では正社員2名 パート10名を雇用する農業法人へと成長された、株式…続きを読む

有限会社伊万里グリーンファーム 前田 修造様

有限会社伊万里グリーンファームについて 1991年3月に設立され、今年30周年を迎えた有限会社伊万里グリーンファーム。 当時としては、農業を法人化する生産者は少なく、農業法人の先駆者と言っても過言ではないでしょう。 その…続きを読む

有限会社中原温室 専務取締役 作本 竜寛様

有限会社中原温室について 外食産業向けの作物を主力生産物として大葉・パセリ・バジルを生産している中原温室様ですが、コロナ禍の影響で厳しい経営状況にあっても不思議ではありません。 そんな中、大きなダメージを受けることなく運…続きを読む

A-noker株式会社 安東 浩太郎様

A-noker株式会社について 有明海に面し、引力が見える町と言われる佐賀県の太良町で、森を切り開き新たに農場を作り、新しい農業の形を実践してたどり着いたアスパラガス『森のアスパラ』。 その栽培へのこだわり、販売方法への…続きを読む

データロガー付き土壌水分センサーの使い方

土壌水分センサーの中には、土壌に含まれる水分量を測定して記録するデータロガー付きの製品も発売されています。この記事では、データロガー付き土壌水分センサーの使い方について解説していきます。 目次 1.土壌水分センサーが検知…続きを読む

株式会社KARATSU TACHIBANA 代表取締役 上野 勉様

株式会社KARATSU TACHIBANAについて 株式会社KARATSU TACHIBANAの代表取締役でもあり、全国農業青年クラブ連絡協議会の副会長でもある上野 勉様。温州みかんの代表的な品種である「上野早生」を生み…続きを読む

エイチアイ株式会社 代表取締役 稲吉 久徳様

エイチアイ株式会社について 大学時代から経営をしたいと考えていた稲吉社長は、若干30歳にて農業・飲食店を開業し、さらに美容業界への進出も検討されています。 なぜ美容?と不思議な印象も受けますが、その根底には農業を起点とし…続きを読む

株式会社香月菜園 香月 勝昭様

株式会社香月菜園について 15年前まだ誰もパクチーという野菜を知らなかった時期から生産をはじめ、今や日本最大級の規模となった香月菜園。 しかし、ここ最近の気象の変化で4年連続、計5回も作物が全滅する水害被害に遭われており…続きを読む

ベジハート株式会社 代表取締役 伊藤 賢一郎様

ベジハート株式会社について 今後起こりうる環境の変化を捉え、様々な打ち手を考え対処していくこと。これは、会社を経営し、継続していくために、経営者の手腕が問われるところです。 社会・業界における変化が激しい中、福岡県内にて…続きを読む

株式会社green style 代表取締役 吉岡 慎吾様

株式会社green styleについて 2019年に規模拡大と人材確保の為、法人化された株式会社green styleの代表取締役社長、吉岡慎吾様にお話を伺いました。 インタビューの中で「特別なことは何もしていないよ。」…続きを読む

株式会社M’s green 代表取締役社長 松永 淳様

株式会社M’s greenについて 2010年に会社を立ち上げ、施設園芸、露地栽培、農作業受託、自社販売、通販に至るまで、生産から販売まで幅広く事業を手掛ける株式会社M’s greenの代表取締役社長である松…続きを読む

株式会社ohana本舗 代表取締役社長 赤嶺 祐司様

株式会社ohana本舗について 医薬品、医療機器の卸販売を中心とした事業を展開し、売上4,711億円(2020年3月期)を誇る大企業が農業へ参入。 他業種の大企業が農業参入するその意味を株式会社ohana本舗の赤嶺代表取…続きを読む

有限会社松山ファーム 松山 哲治様

有限会社松山ファームについて 長崎県の雲仙は歴史的にも、火山と共存してきた地域でもあり、自然との共存は必然とされる場所です。その昔、「温泉」が「うんぜん」と呼ばれていた時代があるそうです。 そんな雲仙でレタス栽培を中心に…続きを読む

株式会社ナチュール 前渕 健太郎様

株式会社ナチュールについて 株式会社ナチュールは、スイカの産地で有名な熊本県北区植木町でワイン用のブドウを栽培している農業法人です。 そのブドウで作られた「菊鹿シャルドネ」は、『日本で飲もう最高のワイン2019受賞』、『…続きを読む

株式会社松岡グリーンファーム山都 松岡 和博様

株式会社松岡グリーンファーム山都について 1854年に”肥後の石工”たちの持つ技術を用いて建設した石橋「通潤橋」は、日本最大級の石造りアーチ水路橋で国の重要文化財に指定されております。農業に水は不可欠であり、167年前に…続きを読む

株式会社 RUSH FARM 永利 侑太朗様

株式会社RUSH FARM(ラッシュファーム)について 葉物野菜の栽培がとても盛んな福岡県。 その地で、栽培だけでなく未来の農業を考えた取組として、スマート農業実証プロジェクトで作業履歴入力による効率化アプリを作成し、自…続きを読む

株式会社鳥越ネットワーク 鳥越 耕輔様

株式会社鳥越ネットワークについて 耕作放棄地が増える中、田畑を守る取り組み。過去の慣例にとらわれず独自で仕組みを作り、「農業で楽しい未来を紡ぐ」をビジョンに掲げ有機栽培にこだわった結果、未来につながる持続可能な農業推進コ…続きを読む

株式会社Y.Kカンパニー 本田 和也様

株式会社Y.Kカンパニーについて 佐賀県唐津と言えば、呼子の活イカが有名。今回、そんな活イカに負けない勢いのある生産者のお話を聞かせていただきました。 野菜を食べて健康になろう、そんな思いで設立された、株式会社Y.Kカン…続きを読む

株式会社佐保(サホ)農園 佐保 正彦様

株式会社佐保(サホ)農園について 佐賀県佐賀市大和町にある佐保農園。近くには美人の湯で有名な古湯温泉、九州では数少ないスキー場の天山スキー場がある。そんな自然に恵まれた地で農業法人を運営されている佐保社長にインタビューを…続きを読む

自動潅水が普及しなかったら日本農業の未来はどうなるのか?

今でこそ、自動潅水は当たり前になりました。しかし、もし潅水が自動化されなかった場合、日本農業はどうなるのか考えたことはありますか? 自動潅水は、潅水にかかる時間を大幅に減らすことで、品質の安定化や規模拡大、収益アップにつ…続きを読む

潅水作業の効率化によって余った時間の使い方

目次 1. 自動潅水装置の導入により削減できる作業時間 2. 潅水の効率化によって余った時間でできることをご紹介 3. 潅水の効率化によってできる改善の時間 4. 潅水の効率化によってできる農業経営を考える時間 5. 潅…続きを読む

手動・遠隔・自動における潅水制御方法の違い

大規模農業やビニールハウス等の施設栽培では、潅水制御装置を使用した水やり作業が一般とされています。 潅水制御装置を用いた水やり作業は、手動・遠隔・自動の3つの種類があり、それぞれに特徴や違いがあるようです。 この記事では…続きを読む

自動潅水やICTで野菜栽培!農業参入している大企業

「企業の農業参入」という言葉を聞いたことはあるでしょうか? 農業では、後継者不足やそれに伴う耕作放棄地の増加といった問題を解決するために、企業の積極的な参入が求められています。 そこで、2003年から企業が農地を借りて農…続きを読む

潅水チューブやシステムを用いた少量多潅水のメリット

少量多潅水は、農作物の水やり作業に用いられる潅水方法のひとつです。 農作物の水やり作業は、多大な労力と時間を要することから、大規模農業や施設園芸などではその負担を軽減するために、潅水装置を使用した潅水作業が行われています…続きを読む

スマート農業や最先端技術を活用した潅水装置を紹介

日本の農業現場では、まだまだ人の手による潅水作業が行われています。 しかし、日本の農業を取り巻く環境は、農業人口の減少や高齢化、後継者や担い手不足等を原因に深刻な人手不足が指摘されています。 この記事では、当社が提供する…続きを読む

潅水制御システム 無料モニター募集中

株式会社SenSproutでは、製品開発のために潅水制御システムの無料モニターを募集しております。 アンケートにお答えいただいた方の中から、弊社選別の30名様に「潅水制御システム」一式を無料でご提供させて頂きます。 「水…続きを読む

10/2 「農業技術革新・連携フォーラム2019」@経団連会館に出展致します

農業用の土壌水分センサー、潅水制御装置、ビニールハウスソリューションの開発および販売をおこなう株式会社SenSprout(本社:東京都港区、 代表取締役社長:三根一仁)は、「農業技術革新・連携フォーラム2019」に出展致…続きを読む

​​SenSprout、総額1.45億円の第三者割当増資を実施~最先端のテクノロジーを利用して「農業を儲かる事業」に~

農業用の土壌水分センサー、潅水制御装置、ビニールハウスソリューションの開発および販売をおこなう株式会社SenSprout(本社:東京都港区、 代表取締役社長:三根一仁)は、第三者割当増資を実施し、総額1億4,500万円の…続きを読む