大根栽培における潅水作業のコツと注意点

大根は、ビタミンCやカリウム、食物繊維など豊富な栄養素を含む人気の農作物です。しかし、これらの栄養素を多く含む高品質な大根を生産していくためには、農作物の成長に必要な水分を補給する潅水作業が重要になってきます。この記事で…続きを読む

ネギ栽培における潅水作業と収量増加の関係について

潅水作業は、農作物の収量に大きな影響を及ぼす重要な作業です。この記事では、ネギ栽培における潅水作業と収量増加の関係について解説していきます。 目次 1.日本のネギ栽培 2.ネギ栽培のポイント 3.潅水作業と収量増加の関係…続きを読む

玉ねぎ栽培の潅水作業について

玉ねぎは、カルシウムやリン、鉄などのミネラル分やビタミンB1、B2などの栄養素を多く含む人気の農作物です。しかし、これらの栄養素を豊富に含んだ高品質な玉ねぎを生産していくためには、農作物の成長に必要な水分を補給する潅水作…続きを読む

じゃがいも栽培における潅水作業の注意点

じゃがいもは、私たち日本人の食生活に深く関係する重要な農作物です。この記事では、じゃがいも栽培における潅水作業の注意点について解説していきます。 目次 1.日本のじゃがいも栽培 2.じゃがいも栽培のポイント 3.潅水作業…続きを読む

散水潅水とは?ハウス栽培に使用する散水潅水機器を紹介

日本の農業生産は、大きく分けて露地栽培とハウス栽培の2つの方法があります。どちらの方法も、それぞれメリット・デメリットがありますが、農作物の成長に必要な水分を補給していくことには変わりはありません。 しかし、露地栽培は自…続きを読む

かぼちゃ栽培における潅水作業のポイント

高収量・高品質な農業生産を実現するためには、農作物の成長に必要な水分を補給する潅水作業を効率的に行っていくことが重要です。この記事では、かぼちゃ栽培における潅水作業のポイントについて解説していきます。 目次 1.日本のか…続きを読む

YAMABIKO FARM 中原 宏輔様

YAMABIKO FARMについて 大学卒業後ミュージシャンを目指し福岡へ、そこで農業生産者と知り合い交流するとみんな生き生きとしていた。 昔ぼんやりと考えていた、農業をしたい!という思いが再燃し、2014年に新規就農さ…続きを読む

ビニールハウス栽培における潅水作業の注意点

日本では高収益な農業生産を実現するための手段として、ビニールハウスを使用した農業が行われています。この記事では、ビニールハウス栽培における潅水作業の注意点について解説していきます。 目次 1.ビニールハウス栽培の概要とメ…続きを読む

株式会社アグレア(障害者就労支援)堤 祐輔様 

堤 祐輔様について 元介護支援専門員として、2019年に新規就農されきゅうり栽培を開始。 2020年には障害者就労支援を行う株式会社アグレアを創業(サービス管理責任者・相談支援員)し、現在は農福連携に取り組む堤 祐輔様に…続きを読む

光樹とまと部会 江島 政樹様

光樹とまと部会について 九州佐賀県の佐賀国際空港の近く、有明海を望む広大な干拓地に個人で42a、部会で3haのトマトを栽培されています。 部会の歴史は古く30年以上前に設立されました。 今回は、光樹とまと部会の役員でもあ…続きを読む

マルチ栽培における土壌水分センサーの利用について

日本には、マルチシート呼ばれる農業用のフィルムを使用して農作物を栽培する農業生産者がいます。この記事では、マルチ栽培における土壌水分センサーの利用について解説していきます。 目次 1.マルチ栽培とは 2.土壌水分センサー…続きを読む

株式会社愛菜華田中ファーム 田中 稔久様

株式会社愛菜華田中ファームについて 一般的に会社を大きくするために、右腕が必要と言われます。 しかし、「右腕は不要。誰でも活躍できる仕組みを作るのが大事。」とのこと。 今回は、株式会社愛菜華田中ファームの田中 稔久社長に…続きを読む

砂地栽培における土壌水分センサーの利用について

日本には、砂地栽培と呼ばれる農法を用いて農作物を栽培している農家がいます。この記事では、砂地栽培における土壌水分センサーの利用について解説していきます。 目次 1.砂地栽培とは 2.土壌水分センサーの種類 3.土壌水分セ…続きを読む

株式会社八代トマト流通センター 中村 優貴様

株式会社八代トマト流通センターについて 生まれながら家業を継ぐ宿命、それを受け入れ、さらに新しい付加価値を生み出し、人・会社・地域共に成長できる会社にしていきたい。 そのような志を持った、株式会社八代トマト流通センターの…続きを読む

スマートフォンを利用した土壌分析ツールを紹介

現在日本では、農業生産を効率化するための方法として、ICT(情報通信技術)を活用した農業ツールの普及が進められています。この記事では、スマートフォンを利用した土壌分析ツールについて紹介していきます。 目次 1.日本農業の…続きを読む

花き類における土壌水分センサーの利用について

日本では、鑑賞用の鉢花に使用する花や贈答用の花束に使用する花、お供え物に使用する花など、様々な種類の花が栽培されています。この記事では、花き類における土壌水分センサーの利用について解説していきます。 目次 1.日本の花き…続きを読む

株式会社KOMATSU FLOWER 小松 大作様

株式会社KOMATSU FLOWERについて 約10年前にお父様がお亡くなりになり、農作業に追われる日々が続いた後、2019年に法人化して現在は3年目。今では正社員2名 パート10名を雇用する農業法人へと成長された、株式…続きを読む

株式会社クラベル・ジャパン 平田社長様

株式会社クラベル・ジャパンについて 2017年に法人化し6年目となる株式会社クラベル・ジャパンですが、農家としての歴史は深く、平田 憲市郎社長は60年続く3代目となります。 個人事業主の仕事のやり方と法人での仕事のやり方…続きを読む

果樹生産における土壌水分センサーの利用について

日本では、みかんやブドウ、りんご、桃などたくさんの種類の果物が栽培されています。この記事では、果樹生産における土壌水分センサーの利用について解説していきます。 目次 1.日本の果樹生産の現状 2.土壌水分センサーの種類 …続きを読む

水田の水位を測定する農業水分センサー

日本では、米や野菜、果樹など多くの農作物が生産されています。その中でも米は、日本の農業算出額の約2割を占める重要な農作物です。しかし、高品質・高収量な米生産を持続するためには、日々の水管理が重要になってきます。この記事で…続きを読む

露地栽培における土壌水分センサーの利用について

日本では、露地栽培と呼ばれる栽培方法をメインに、葉物類や果菜類、根菜類や,花き類など多くの農作物が生産されています。この記事では、露地栽培における土壌水分センサーの利用について解説していきます。 目次 1.露地栽培とは …続きを読む

土壌分析システムを搭載した農業トラクター

農林水産省は、農業者の高齢化や担い手不足等の人的課題を背景に、AI、ロボット、ICT等の先端技術を活用したスマート農業を推進しています。この記事では、土壌分析システムを搭載した農業トラクターについて解説していきます。 目…続きを読む

土壌水分センサーを使用した土壌環境の分析

高収量・高収益な農業生産を実現していくためには、農作物の成長に必要な土壌環境を整備していくことが重要です。この記事では、土壌水分センサーを使用した土壌環境の分析について解説していきます。 目次 1.土壌水分センサーとは …続きを読む

ミヤザキファーム 宮崎 修太様

ミヤザキファームについて 65年続くミヤザキファームの3代目農家である宮崎修太様は「農業者大学校」で4年間勉強を経て就農されました。 販売もほとんど契約にて出荷対応しております。 農業法人ではない個人農家の在り方の一つと…続きを読む

株式会社麻生園芸 麻生 朗様

株式会社麻生園芸について 青じそやそれらの加工品を製造販売する株式会社麻生園芸の歴史は古く、昭和63年4月に法人化されました。 自信をもってお客様に薦められる農作物を作ると決め、減農薬にチャレンジしましたがが、現実は厳し…続きを読む

株式会社LCFARM 梅村 晃太様

株式会社LCFARMについて 個人事業主で農業を初めて7年後、農業法人となり2021年8月で2期目となる株式会社LCFARM。 明確な目標と発生した問題に対しての的確なアプローチ、自身の反省を迅速に対応していく等、梅村 …続きを読む

有限会社伊万里グリーンファーム 前田 修造様

有限会社伊万里グリーンファームについて 1991年3月に設立され、今年30周年を迎えた有限会社伊万里グリーンファーム。 当時としては、農業を法人化する生産者は少なく、農業法人の先駆者と言っても過言ではないでしょう。 その…続きを読む

ビニールハウス栽培における土壌水分センサーの利用について

日本では、トマトやいちご、なす、きゅうり、メロンなどの果菜類を中心にビニールハウスを使用した農業生産が行われています。この記事では、ビニールハウス栽培における土壌水分センサーの利用について解説していきます。 目次 1.ビ…続きを読む