株式会社愛菜華田中ファーム 田中 稔久様

株式会社愛菜華田中ファームについて 一般的に会社を大きくするために、右腕が必要と言われます。 しかし、「右腕は不要。誰でも活躍できる仕組みを作るのが大事。」とのこと。 今回は、株式会社愛菜華田中ファームの田中 稔久社長に…続きを読む

株式会社LCFARM 梅村 晃太様

株式会社LCFARMについて 個人事業主で農業を初めて7年後、農業法人となり2021年8月で2期目となる株式会社LCFARM。 明確な目標と発生した問題に対しての的確なアプローチ、自身の反省を迅速に対応していく等、梅村 …続きを読む

ビニールハウス栽培における土壌水分センサーの利用について

日本では、トマトやいちご、なす、きゅうり、メロンなどの果菜類を中心にビニールハウスを使用した農業生産が行われています。この記事では、ビニールハウス栽培における土壌水分センサーの利用について解説していきます。 目次 1.ビ…続きを読む

データロガー付き土壌水分センサーの使い方

土壌水分センサーの中には、土壌に含まれる水分量を測定して記録するデータロガー付きの製品も発売されています。この記事では、データロガー付き土壌水分センサーの使い方について解説していきます。 目次 1.土壌水分センサーが検知…続きを読む

株式会社KARATSU TACHIBANA 代表取締役 上野 勉様

株式会社KARATSU TACHIBANAについて 株式会社KARATSU TACHIBANAの代表取締役でもあり、全国農業青年クラブ連絡協議会の副会長でもある上野 勉様。温州みかんの代表的な品種である「上野早生」を生み…続きを読む

エイチアイ株式会社 代表取締役 稲吉 久徳様

エイチアイ株式会社について 大学時代から経営をしたいと考えていた稲吉社長は、若干30歳にて農業・飲食店を開業し、さらに美容業界への進出も検討されています。 なぜ美容?と不思議な印象も受けますが、その根底には農業を起点とし…続きを読む

土壌水分の測定と作物別の消費水量を解説

高収量・高品質な農業生産を実現するためには、土壌に含まれる水分量を正確に把握する必要があります。この記事では、農業水分センサーを用いた土壌水分の測定と作物別の消費水量を解説していきます。 目次 1.農業水分センサーとは …続きを読む

水分センサーを使用したEC値の計測と土壌づくりの基準値

水分センサーの中には、土壌に含まれる水分量だけではなく、肥料や塩分濃度を示すEC値(電気伝導度)を計測できる製品もあります。この記事では、水分センサーを使用したEC値の計測と土壌づくりにおける作物別の基準値を紹介します。…続きを読む

水分センサーを活用したスマート農業実証実験を紹介

日本農業は、農業者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加等の課題を背景に、持続可能な農業生産を実現するスマート農業の普及が進んでいます。この記事では、全国で実施されているスマート農業実証プロジェクトの中から、水分センサー…続きを読む

株式会社 RUSH FARM 永利 侑太朗様

株式会社RUSH FARM(ラッシュファーム)について 葉物野菜の栽培がとても盛んな福岡県。 その地で、栽培だけでなく未来の農業を考えた取組として、スマート農業実証プロジェクトで作業履歴入力による効率化アプリを作成し、自…続きを読む

ビニールハウス栽培における潅水時刻と潅水量を解説

ビニールハウス等の施設栽培では、潅水制御装置を使用した農作物の水管理が行われています。潅水制御装置は、農作物への水やり作業を効率化するための装置で、農業者の作業的負担の軽減や収量の向上、品質の確保等を目的としています。こ…続きを読む

露地栽培での潅水制御機器導入による作物への影響

「潅水設備」と聞くと、ビニールハウス栽培をイメージされる方が多いかと思います。 天候の影響を受けにくいビニールハウスであれば、潅水設備によって労力を削減することで、効率的に品質の高い作物を生産することができます。 一方で…続きを読む

きゅうり栽培の潅水方法を生育ステージ別に解説

日本では年間(平成30年度)およそ55万トンものきゅうりが生産されているそうです。 主要な生産地は、宮崎県(1位)、群馬県(2位)、埼玉県(3位)、福島県(4位)、千葉県(5位)の5県で、これらの地域ではビニールハウスを…続きを読む

トマト・いちごの潅水方法を生育ステージ別に解説

農作物の水管理は、収穫量や品質の成否を決定する大切な要素のひとつです。特に潅水制御装置を使用した高度な水管理は、「果菜類の着果率や糖度にも大きな影響を及ぼす」とされています。 この記事では、トマト・いちご栽培向けの潅水制…続きを読む

野菜ごとの潅水方法とホース・チューブの使い方

目次 1.潅水方法とホース・チューブの種類 2.潅水方法とホース・チューブを選ぶ時のポイント 3.野菜ごとの潅水方法とホース・チューブのご紹介 1.潅水方法とホース・チューブの種類 野菜の栽培で重要な作業の一つである水や…続きを読む

潅水チューブやシステムを用いた少量多潅水のメリット

少量多潅水は、農作物の水やり作業に用いられる潅水方法のひとつです。 農作物の水やり作業は、多大な労力と時間を要することから、大規模農業や施設園芸などではその負担を軽減するために、潅水装置を使用した潅水作業が行われています…続きを読む

スマート農業や最先端技術を活用した潅水装置を紹介

日本の農業現場では、まだまだ人の手による潅水作業が行われています。 しかし、日本の農業を取り巻く環境は、農業人口の減少や高齢化、後継者や担い手不足等を原因に深刻な人手不足が指摘されています。 この記事では、当社が提供する…続きを読む

潅水装置を使った栽培に適した作物を分類して解説

農作物の栽培は、地域や環境、条件、栽培する作物ごとに様々な方法がとられています。 その中でも、水やり作業を中心とする農作物への潅水において、農場の規模や栽培品目、ビニールハウス等の利用の有無などを条件に、様々な方法や方式…続きを読む