スマート農業や最先端技術を活用した潅水装置を紹介

LINEで送る
Pocket

現在、日本の多くの農業現場では、まだまだ人の手による潅水作業が行われています。

しかし農業人口の減少や高齢化による人手不足など日本の農業を取り巻く環境は刻一刻と変化しており、農作物の水やり作業においても人の手を必要としない省力化に向けた製品の普及が急がれています。

この記事では、AIを利用した自動潅水やインターネットを利用した遠隔潅水など最先端技術を活用した潅水制御装置を紹介していきます。

目次

1.日本の農業が抱える課題とは?

2.スマート農業について

3.農業用潅水にITやAIを導入

4.遠隔潅水制御と自動潅水制御

5.スマート農業技術を活用した潅水制御装置の紹介

6.まとめ

1.日本の農業が抱える課題とは?

日本の農業人口は、年々減少の一途を辿っており、国内の生産各地では深刻な人材不足に悩まされているといいます。

農林水産省の調べでは、2010年には約268万人いたとされる農業従事者数も現在では約168万人まで減少し平均年齢も67歳と高齢化も同時進行している状況です。

国や農林水産省では、このような社会課題を抱える日本農業を救出するために様々な政策や施策を打ち出しています。

そのひとつがロボット技術やAI(人工知能)など最先端の技術を活用したスマート農業の普及です。

2.スマート農業について

スマート農業とは、ロボット技術やAI、情報通信技術(ICT)等を活用した新しい農業のスタイルです。

農林水産省では、スマート農業の普及に向けたプロジェクトとして「スマート農業実証プログラム」を全国各地の生産地で展開しています。

株式会社ルートレック・ネットワークスが開発するAI搭載型の潅水施肥ロボット「ゼロアグリ」は、福岡市と福岡地域戦略推進協議会(FDC)が実施する「福岡市実証実験フルサポート事業」のアグリテック部門の採択を受けました。

この実証実験では、イチゴの人気品種である「あまおう」の栽培管理に関する効率化に向けた実験が行われたそうです。

3.農業用潅水にITやAIを導入

農業用潅水の自動化や遠隔化に向けた取り組みは、以前から潅水資材を扱う農業資材メーカー等を中心に行われていました。

株式会社サンホープが展開する養液栽培システム「太耕望(たいこうぼう)」に使用されている電池式のタイマーは、無線通信技術である「Bluetooth(ブルートゥース)」を、日本で初めて潅水設備の周辺機器として導入した製品です。

専用アプリを利用すればスマートフォンやタブレット等のデバイスから水量や時間を設定して潅水作業を行うことができるそうです。

システムの開発元はイスラエルで、サンホープがアプリケーションの言語を日本語へと翻訳しました。

4.遠隔潅水制御と自動潅水制御

1)遠隔潅水制御とは?

遠隔潅水制御とは、IT技術を用いたコンピューターの通信技術であるICT(情報通信技術)を活用した潅水システムのことを指します。

パソコンやタブレット、スマートフォンなど使用して遠隔から農作物の水管理を行います。

2)自動潅水制御とは?

自動潅水制御は、IoT(Internet of Things)とAI(人工知能)を活用した完全自動型の潅水システムです。

クラウド上での栽培管理ほか水やり・施肥作業のすべてがAIを用いた完全自動のシステムで行えます。

5.スマート農業技術を活用した潅水制御装置の紹介

1)センスプラウト(遠隔潅水制御)

・SenSprout潅水制御システム

https://sensprout.com/ja/irrigationcontrolsystem-2/

センスプラウト(SenSprout)は、当社が開発した遠隔潅水制御システムです。システムは、灌水ゲートウェイ、潅水制御盤の2つで構成されており、インターネットを使って遠隔から潅水操作を制御することが可能です。

SenSprout水分センサー

https://sensprout.com/ja/sensorsystem-2/

また、水分センサーは土壌水分と温度のグラフ化や栽培管理のデータ共有ほか、水分量と温度の変化の通知、計測データのダウンロードなどの操作がスマートフォン等のデバイスから行えます。

センスプラウトは、ベビーリーフ生産量で日本一を誇るという熊本県の農業法人株式会社果実堂様をはじめ、JA福岡大城アスパラガス部会様など多くの農業現場で使用いただいています。

家庭菜園から大規模農業まで幅広く使用できるのが特徴です。

2)ゼロアグリ(自動潅水制御)

・AI潅水施肥ロボット ゼロアグリ

https://www.zero-agri.jp/

ゼロアグリ(ZeRo.agri)は、農作物に必要な水分量をAIが算出して潅水や施肥作業を自動で行うAI搭載型の潅水施肥システムです。

ゼロアグリは、「土壌の保水力は粘土質か砂質かによって異なる」という性質を元に、48時間の準備潅水を行ったあと、AIシステムが圃場の土壌条件を認識して土壌水分量を一定に保つように潅水を制御するそうです。

先述した「福岡市実証実験フルサポート事業」をはじめ、株式会社KDDIエボルバが宮城県東松島市で展開する農産物栽培拠点「幸 満つる郷 KDDIエボルバ 野蒜」が実施した「AI潅水施肥システムを活用したミニトマト栽培の取り組み」や農林水産省および経済産業省が支援する「農業競争力強化支援法に基づく事業」など、様々なプロジェクトで使用されています。

6.まとめ

スマート農業技術を活用した潅水制御は、日本農業が直面する様々な課題を解決する可能性を秘めています。

この技術を活用した農業を実践することは、農業人口の減少や高齢化、担い手不足等に悩む地方の農業生産現場の明るい未来にもつながります。

この記事を参考にぜひスマート農業技術を活用した潅水制御を導入いただき、作業の省力化と人材の確保をすすめてみてはいかがでしょうか?

Tags: | | | | | | | | | | | | | | | | | |