農経新聞 2021年7月12日号に掲載 価格形成支援システム「Agri DX」

農経新聞 2021年7月12日号にて当社とR&Cホールディングスによる価格形成支援システム「Agri DX」への取り組みが紹介されました。

株式会社松岡グリーンファーム山都 松岡 和博様

株式会社松岡グリーンファーム山都について 1854年に”肥後の石工”たちの持つ技術を用いて建設した石橋「通潤橋」は、日本最大級の石造りアーチ水路橋で国の重要文化財に指定されております。農業に水は不可欠であり、167年前に…続きを読む

潅水制御装置に使用する潅水チューブ・電磁弁を解説

潅水制御装置は、水源の水を汲み上げる農業用ポンプ、水の流れを制御する電磁弁、水やり作業を実行する潅水チューブなど様々な設備で構成されています。その中でも、潅水チューブと電磁弁は、潅水の実行とタイミングを制御する役割から、…続きを読む

自動潅水制御のために必要なインプット情報について

潅水制御には、手動・遠隔・自動の3つの種類があります。 その中でも、自動潅水制御は潅水作業に関するすべての操作を自動で制御できる潅水システムになっています。この記事では、潅水の自動化に必要なインプット情報を解説します。 …続きを読む

潅水作業の効率化によって余った時間の使い方

目次 1. 自動潅水装置の導入により削減できる作業時間 2. 潅水の効率化によって余った時間でできることをご紹介 3. 潅水の効率化によってできる改善の時間 4. 潅水の効率化によってできる農業経営を考える時間 5. 潅…続きを読む

トマト栽培で自動潅水するメリットを解説

潅水作業の自動化は、生産者の労力を軽減するのみならず、農業生産に係わるすべての要素に大きな効果をもたらすとされています。この記事では、潅水を自動化するメリットについて、トマト栽培を例に解説していきます。 目次 1.潅水制…続きを読む

日本農業新聞 2021年 1月11日号 に掲載 導入事例「曽我ファームさん」

日本農業新聞 2021年 1月11日号 「資材ナビ」にてSenSprout 潅水制御システムが紹介されました。新潟市でトマト・アスパラガス等を生産・販売しており、弊社製品をご利用頂いている曽我ファーム(曽我農園)さんの導…続きを読む

自動潅水装置を導入する前に知っておきたいこと

目次 1.自動潅水を実現するための事前情報 2.自動潅水の種類と導入コスト 3.潅水のタイミングとその重要性 4.自動潅水用ポンプの種類と手入れ 5.自動潅水におけるメリット・デメリット 1.自動潅水を実現するための事前…続きを読む

ビニールハウス栽培における潅水時刻と潅水量を解説

ビニールハウス等の施設栽培では、潅水制御装置を使用した農作物の水管理が行われています。潅水制御装置は、農作物への水やり作業を効率化するための装置で、農業者の作業的負担の軽減や収量の向上、品質の確保等を目的としています。こ…続きを読む

露地栽培での潅水制御機器導入による作物への影響

「潅水設備」と聞くと、ビニールハウス栽培をイメージされる方が多いかと思います。 天候の影響を受けにくいビニールハウスであれば、潅水設備によって労力を削減することで、効率的に品質の高い作物を生産することができます。 一方で…続きを読む

効率的な自動潅水を行うための天気予報の活用方法

目次 1.現代の天気予報の精度 2.農業における天気予報の重要性 3.天気予報を活用した自動潅水とは 現在の天気予報の精度 植物の栽培において、日々の気温や降水量は成長に影響を与える環境要因です。積算気温によって、植物の…続きを読む

AIが農作物を自動潅水で栽培した論文を紹介

スマート農業の推進により、自動潅水システムを利用したビニールハウスでの野菜栽培が普及してきました。 自動潅水システムではビニールハウス内にチューブやホースを設置し、潅水装置を使って潅水量や液肥濃度を制御します。 人の手で…続きを読む

ビニールハウス栽培での最適な潅水タイミング

作物を育てていると「潅水ってどのタイミングで、どのくらいやるのが適切なんだろう?」と感じたことがあるのではないでしょうか。 「水やり3年」という言葉があるように、潅水は一見簡単なように見えますが、そのタイミングは非常に難…続きを読む

ビニールハウスによる水稲育苗での潅水方法とは

「苗半作」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 稲作においてよく聞かれる言葉で、「苗を育てるまでで、その作物を半分作り終わったようなものだ」という苗作りの大切さを表した言葉です。 実際、苗作りに失敗すると思うように生…続きを読む

手動・遠隔・自動における潅水制御方法の違い

大規模農業やビニールハウス等の施設栽培では、潅水制御装置を使用した水やり作業が一般とされています。 潅水制御装置を用いた水やり作業は、手動・遠隔・自動の3つの種類があり、それぞれに特徴や違いがあるようです。 この記事では…続きを読む

初心者も上級者も、家庭菜園の潅水に最適な設備とは

家庭菜園の作業の中でも特に気の使う作業として挙げられる水やり。 とくに定植直後やプランター栽培では怠ることのできない水やりですが、毎日行うとなるとなかなか大変な作業です。 また、ついつい水やりを忘れてしまって植物を枯らし…続きを読む

稲作の水管理を省力化!IT活用の潅水装置を4つ紹介

稲作の管理作業の中でも重要とされている水の管理。とくに7月下旬以降の高温期を迎えるにあたり、高温障害などのリスクを避けるためにもしっかりとした水の管理が必要となってきます。 また、水管理の作業割合は全体の3割ほどを占める…続きを読む

潅水チューブやシステムを用いた少量多潅水のメリット

少量多潅水は、農作物の水やり作業に用いられる潅水方法のひとつです。 農作物の水やり作業は、多大な労力と時間を要することから、大規模農業や施設園芸などではその負担を軽減するために、潅水装置を使用した潅水作業が行われています…続きを読む

少量多潅水とは?作物別の方法や研究事例などを紹介

農作物の潅水方法には様々な種類があります。 その中でも、少量多潅水と呼ばれる潅水方法は、「農作物の水分の吸収率を高くする」という特性から、トマトやスイカ、メロンなど果菜類の栽培を中心に多くの農業現場で実践されています。 …続きを読む

潅水ポンプを使った、遠隔や手動の潅水システムを解説

潅水ポンプを使った潅水システムは、広範囲への潅水を可能にするため、農業の効率化に非常に便利な設備です。 特に、水管理が重要なハウス栽培では、インターネットを利用した遠隔操作で潅水時間を制御できる「遠隔潅水システム」の導入…続きを読む

農業用潅水ポンプの種類と使い方を解説

潅水制御装置を使用した水やり作業を行うためには、水源の水を汲み上げる農業用の潅水ポンプが必要です。潅水ポンプには様々な種類があり、それぞれの用途の応じた使い分けがなされています。 農業用の潅水ポンプは、一般的にあまり知ら…続きを読む

スマート農業や最先端技術を活用した潅水装置を紹介

日本の農業現場では、まだまだ人の手による潅水作業が行われています。 しかし、日本の農業を取り巻く環境は、農業人口の減少や高齢化、後継者や担い手不足等を原因に深刻な人手不足が指摘されています。 この記事では、当社が提供する…続きを読む

潅水方法の種類や方法における最適な潅水チューブは?

農作物の水やり作業は、農業生産者が行う作業の中でも特に重要な仕事の一つです。 大規模農場やビニールハウス等の施設栽培では、水やり作業の負担軽減と省力化を目的に、手動による潅水制御装置を用いた水やり作業が行われています。 …続きを読む

国内外で使用される自動潅水装置と先端技術を紹介

自動潅水装置とは、スプリンクラーや潅水チューブ等を用いて作物の水やりや施肥を自動的に行う設備のことを指します。 この設備を使用した作物の水管理法は、多大な時間と労力が必要とされる作物の水やり作業がすべて自動で行えるため、…続きを読む

潅水チューブの概要と使い方!用途別のおすすめも紹介

潅水チューブは、大規模農業や施設園芸で行われる水やり等で使用される農業用のホースです。潅水チューブには様々な種類と役割があり、作物や用途によって使用方法や設置箇所が分けられています。 この記事では潅水チューブの役割や種類…続きを読む

日々の経験を元に、潅水ホースの用途別使い方をお伝え

目次 水やり 蛇口 露地栽培 ビニールハウス栽培 潅水ホースの種類 水やり 現在の農業では、新しい資材などを取り入れた方法で水やりをする農家、昔ながらのやり方で水やりをする農家、それぞれの農家が様々な方法で水やりを行って…続きを読む

「第七回 国際 次世代農業EXPO」に出展致します

農業用の土壌水分センサー、潅水制御装置、ビニールハウスソリューションの開発および販売をおこなう株式会社SenSprout(本社:東京都港区、 代表取締役社長:三根一仁)は、「第七回 国際 次世代農業EXPO」に一般財団法…続きを読む

潅水装置を使った農業に必要な代表機材とその注意点

潅水装置を使った農業は、今や数ある農業の手法の中でも、かなり主流な手法の1つです。潅水が活躍する場面は数多くあり、ビニールハウスでの栽培の他にも、作物に与える水量を調節しなくてはいけないような、デリケートな屋外栽培でも活…続きを読む

SenSproutはIT導入補助金の導入支援事業者に採択されました

株式会社SenSproutはIT導入補助金2020のIT導入支援事業者として採択されました。 IT導入補助金の趣旨は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助する…続きを読む

2/4「スマート農業とちぎ推進フェア」に出展致します

農業用の土壌水分センサー、潅水制御装置、ビニールハウスソリューションの開発および販売をおこなう株式会社SenSprout(本社:東京都港区、 代表取締役社長:三根一仁)は、「スマート農業とちぎ推進フェア」に出展致します。…続きを読む