野田 雄大様

野田 雄大様について 野田雄大様は農家で生まれ育つも農業を継ぐ意思はなく、両親からも特に継いでほしいという要望もなかった…。そんな野田さんが農業を志したきっかけや今後実現したい事などをお聞きしました。 Q、野田様が農業に…続きを読む

YAMABIKO FARM 中原 宏輔様

YAMABIKO FARMについて 大学卒業後ミュージシャンを目指し福岡へ、そこで農業生産者と知り合い交流するとみんな生き生きとしていた。 昔ぼんやりと考えていた、農業をしたい!という思いが再燃し、2014年に新規就農さ…続きを読む

株式会社アグレア(障害者就労支援)堤 祐輔様 

堤 祐輔様について 元介護支援専門員として、2019年に新規就農されきゅうり栽培を開始。 2020年には障害者就労支援を行う株式会社アグレアを創業(サービス管理責任者・相談支援員)し、現在は農福連携に取り組む堤 祐輔様に…続きを読む

光樹とまと部会 江島 政樹様

光樹とまと部会について 九州佐賀県の佐賀国際空港の近く、有明海を望む広大な干拓地に個人で42a、部会で3haのトマトを栽培されています。 部会の歴史は古く30年以上前に設立されました。 今回は、光樹とまと部会の役員でもあ…続きを読む

株式会社愛菜華田中ファーム 田中 稔久様

株式会社愛菜華田中ファームについて 一般的に会社を大きくするために、右腕が必要と言われます。 しかし、「右腕は不要。誰でも活躍できる仕組みを作るのが大事。」とのこと。 今回は、株式会社愛菜華田中ファームの田中 稔久社長に…続きを読む

株式会社八代トマト流通センター 中村 優貴様

株式会社八代トマト流通センターについて 生まれながら家業を継ぐ宿命、それを受け入れ、さらに新しい付加価値を生み出し、人・会社・地域共に成長できる会社にしていきたい。 そのような志を持った、株式会社八代トマト流通センターの…続きを読む

スマートフォンを利用した土壌分析ツールを紹介

現在日本では、農業生産を効率化するための方法として、ICT(情報通信技術)を活用した農業ツールの普及が進められています。この記事では、スマートフォンを利用した土壌分析ツールについて紹介していきます。 目次 1.日本農業の…続きを読む

株式会社KOMATSU FLOWER 小松 大作様

株式会社KOMATSU FLOWERについて 約10年前にお父様がお亡くなりになり、農作業に追われる日々が続いた後、2019年に法人化して現在は3年目。今では正社員2名 パート10名を雇用する農業法人へと成長された、株式…続きを読む

株式会社クラベル・ジャパン 平田社長様

株式会社クラベル・ジャパンについて 2017年に法人化し6年目となる株式会社クラベル・ジャパンですが、農家としての歴史は深く、平田 憲市郎社長は60年続く3代目となります。 個人事業主の仕事のやり方と法人での仕事のやり方…続きを読む

水田の水位を測定する農業水分センサー

日本では、米や野菜、果樹など多くの農作物が生産されています。その中でも米は、日本の農業算出額の約2割を占める重要な農作物です。しかし、高品質・高収量な米生産を持続するためには、日々の水管理が重要になってきます。この記事で…続きを読む

ミヤザキファーム 宮崎 修太様

ミヤザキファームについて 65年続くミヤザキファームの3代目農家である宮崎修太様は「農業者大学校」で4年間勉強を経て就農されました。 販売もほとんど契約にて出荷対応しております。 農業法人ではない個人農家の在り方の一つと…続きを読む

株式会社麻生園芸 麻生 朗様

株式会社麻生園芸について 青じそやそれらの加工品を製造販売する株式会社麻生園芸の歴史は古く、昭和63年4月に法人化されました。 自信をもってお客様に薦められる農作物を作ると決め、減農薬にチャレンジしましたがが、現実は厳し…続きを読む

株式会社LCFARM 梅村 晃太様

株式会社LCFARMについて 個人事業主で農業を初めて7年後、農業法人となり2021年8月で2期目となる株式会社LCFARM。 明確な目標と発生した問題に対しての的確なアプローチ、自身の反省を迅速に対応していく等、梅村 …続きを読む

有限会社伊万里グリーンファーム 前田 修造様

有限会社伊万里グリーンファームについて 1991年3月に設立され、今年30周年を迎えた有限会社伊万里グリーンファーム。 当時としては、農業を法人化する生産者は少なく、農業法人の先駆者と言っても過言ではないでしょう。 その…続きを読む

おつづき農園 代表 緒續 一馬様

おつづき農園について 祖父から続く3代目農家である緒續代表ですが、初代は牛とブドウ・2代目はスイカメロン、3代目は小松菜と、代変わりとともに栽培作物も変化していったそうです。 今回は、小松菜を生産し売り上げを大きく伸ばし…続きを読む

あじろあすぱら 古賀 正文様

あじろあすぱらについて 今までのインタビューでは農業法人の方へのお話をお伺いしてきましたが、今回は農業に携わる一つの形である兼業農家として、自身の仕事を続けつつ、ご家族の協力のもと農業をされているあじろあすぱらの古賀正文…続きを読む

有限会社中原温室 専務取締役 作本 竜寛様

有限会社中原温室について 外食産業向けの作物を主力生産物として大葉・パセリ・バジルを生産している中原温室様ですが、コロナ禍の影響で厳しい経営状況にあっても不思議ではありません。 そんな中、大きなダメージを受けることなく運…続きを読む

A-noker株式会社 安東 浩太郎様

A-noker株式会社について 有明海に面し、引力が見える町と言われる佐賀県の太良町で、森を切り開き新たに農場を作り、新しい農業の形を実践してたどり着いたアスパラガス『森のアスパラ』。 その栽培へのこだわり、販売方法への…続きを読む

データロガー付き土壌水分センサーの使い方

土壌水分センサーの中には、土壌に含まれる水分量を測定して記録するデータロガー付きの製品も発売されています。この記事では、データロガー付き土壌水分センサーの使い方について解説していきます。 目次 1.土壌水分センサーが検知…続きを読む

株式会社KARATSU TACHIBANA 代表取締役 上野 勉様

株式会社KARATSU TACHIBANAについて 株式会社KARATSU TACHIBANAの代表取締役でもあり、全国農業青年クラブ連絡協議会の副会長でもある上野 勉様。温州みかんの代表的な品種である「上野早生」を生み…続きを読む

エイチアイ株式会社 代表取締役 稲吉 久徳様

エイチアイ株式会社について 大学時代から経営をしたいと考えていた稲吉社長は、若干30歳にて農業・飲食店を開業し、さらに美容業界への進出も検討されています。 なぜ美容?と不思議な印象も受けますが、その根底には農業を起点とし…続きを読む

株式会社香月菜園 香月 勝昭様

株式会社香月菜園について 15年前まだ誰もパクチーという野菜を知らなかった時期から生産をはじめ、今や日本最大級の規模となった香月菜園。 しかし、ここ最近の気象の変化で4年連続、計5回も作物が全滅する水害被害に遭われており…続きを読む

土壌水分センサーを使用した土壌温度の測定について

土壌水分センサー中には、土壌温度を測定できる製品もあります。この記事では、土壌水分センサーを使用した土壌温度の測定について解説していきます。 目次 1. 土壌温度と水分の蒸発の関係 2. 土壌温度の測定 3. 土壌温度を…続きを読む

土壌水分センサーを製造する企業とその代表的な製品を紹介

土壌水分センサーは、土壌に含まれる水分を計測するための装置です。土壌水分センサーには様々な種類があり、計測機器を開発するメーカーや環境機器を開発するメーカーを中心に多くの製品が発売されています。この記事では、土壌水分セン…続きを読む

ベジハート株式会社 代表取締役 伊藤 賢一郎様

ベジハート株式会社について 今後起こりうる環境の変化を捉え、様々な打ち手を考え対処していくこと。これは、会社を経営し、継続していくために、経営者の手腕が問われるところです。 社会・業界における変化が激しい中、福岡県内にて…続きを読む

農業経営の観点から見た水分センサーの重要性

目次 1. 水分センサーとは 2. 農業経営の観点から見た水分センサーの重要性 3. 水分センサーの機能性 4. おすすめの水分センサー 5. まとめ 1. 水分センサーとは 水分センサーは、土壌に含まれる水分量や水分率…続きを読む

株式会社green style 代表取締役 吉岡 慎吾様

株式会社green styleについて 2019年に規模拡大と人材確保の為、法人化された株式会社green styleの代表取締役社長、吉岡慎吾様にお話を伺いました。 インタビューの中で「特別なことは何もしていないよ。」…続きを読む

株式会社M’s green 代表取締役社長 松永 淳様

株式会社M’s greenについて 2010年に会社を立ち上げ、施設園芸、露地栽培、農作業受託、自社販売、通販に至るまで、生産から販売まで幅広く事業を手掛ける株式会社M’s greenの代表取締役社長である松…続きを読む

株式会社ohana本舗 代表取締役社長 赤嶺 祐司様

株式会社ohana本舗について 医薬品、医療機器の卸販売を中心とした事業を展開し、売上4,711億円(2020年3月期)を誇る大企業が農業へ参入。 他業種の大企業が農業参入するその意味を株式会社ohana本舗の赤嶺代表取…続きを読む

有限会社松山ファーム 松山 哲治様

有限会社松山ファームについて 長崎県の雲仙は歴史的にも、火山と共存してきた地域でもあり、自然との共存は必然とされる場所です。その昔、「温泉」が「うんぜん」と呼ばれていた時代があるそうです。 そんな雲仙でレタス栽培を中心に…続きを読む