水分センサーを使用したEC値の計測と土壌づくりの基準値

水分センサーの中には、土壌に含まれる水分量だけではなく、肥料や塩分濃度を示すEC値(電気伝導度)を計測できる製品もあります。この記事では、水分センサーを使用したEC値の計測と土壌づくりにおける作物別の基準値を紹介します。…続きを読む

株式会社ナチュール 前渕 健太郎様

株式会社ナチュールについて 株式会社ナチュールは、スイカの産地で有名な熊本県北区植木町でワイン用のブドウを栽培している農業法人です。 そのブドウで作られた「菊鹿シャルドネ」は、『日本で飲もう最高のワイン2019受賞』、『…続きを読む

株式会社 RUSH FARM 永利 侑太朗様

株式会社RUSH FARM(ラッシュファーム)について 葉物野菜の栽培がとても盛んな福岡県。 その地で、栽培だけでなく未来の農業を考えた取組として、スマート農業実証プロジェクトで作業履歴入力による効率化アプリを作成し、自…続きを読む

ビニールハウス栽培における潅水時刻と潅水量を解説

ビニールハウス等の施設栽培では、潅水制御装置を使用した農作物の水管理が行われています。潅水制御装置は、農作物への水やり作業を効率化するための装置で、農業者の作業的負担の軽減や収量の向上、品質の確保等を目的としています。こ…続きを読む

露地栽培での潅水制御機器導入による作物への影響

「潅水設備」と聞くと、ビニールハウス栽培をイメージされる方が多いかと思います。 天候の影響を受けにくいビニールハウスであれば、潅水設備によって労力を削減することで、効率的に品質の高い作物を生産することができます。 一方で…続きを読む

農業試験所や大学による自動潅水における研究結果

目次 自動潅水における研究結果について 研究①「点滴潅水がメロンの生育に与える影響」 研究②「点滴灌水を用いた露地栽培なすの施肥方法」 研究③「自動チューブ潅水によるキャベツ育苗」 研究④「IoTによる栽培技術と自動潅水…続きを読む

なす栽培向けの潅水方法を生育ステージ別に解説

なすは、日本人が古来より愛してきた農作物のひとつです。平安時代に書かれた「延喜式(えんぎしき)」という書物には、当時の栽培方法が鮮明に残されているそうです。 現代の日本のなす生産地では、ビニールハウス等の施設園芸を中心に…続きを読む

野菜ごとの潅水方法とホース・チューブの使い方

目次 1.潅水方法とホース・チューブの種類 2.潅水方法とホース・チューブを選ぶ時のポイント 3.野菜ごとの潅水方法とホース・チューブのご紹介 1.潅水方法とホース・チューブの種類 野菜の栽培で重要な作業の一つである水や…続きを読む

潅水チューブやシステムを用いた少量多潅水のメリット

少量多潅水は、農作物の水やり作業に用いられる潅水方法のひとつです。 農作物の水やり作業は、多大な労力と時間を要することから、大規模農業や施設園芸などではその負担を軽減するために、潅水装置を使用した潅水作業が行われています…続きを読む

少量多潅水とは?作物別の方法や研究事例などを紹介

農作物の潅水方法には様々な種類があります。 その中でも、少量多潅水と呼ばれる潅水方法は、「農作物の水分の吸収率を高くする」という特性から、トマトやスイカ、メロンなど果菜類の栽培を中心に多くの農業現場で実践されています。 …続きを読む

スマート農業や最先端技術を活用した潅水装置を紹介

日本の農業現場では、まだまだ人の手による潅水作業が行われています。 しかし、日本の農業を取り巻く環境は、農業人口の減少や高齢化、後継者や担い手不足等を原因に深刻な人手不足が指摘されています。 この記事では、当社が提供する…続きを読む

潅水装置を使った栽培に適した作物を分類して解説

農作物の栽培は、地域や環境、条件、栽培する作物ごとに様々な方法がとられています。 その中でも、水やり作業を中心とする農作物への潅水において、農場の規模や栽培品目、ビニールハウス等の利用の有無などを条件に、様々な方法や方式…続きを読む