水分センサーを活用したスマート農業実証実験を紹介

日本農業は、農業者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加等の課題を背景に、持続可能な農業生産を実現するスマート農業の普及が進んでいます。この記事では、全国で実施されているスマート農業実証プロジェクトの中から、水分センサー…続きを読む

自動潅水が普及しなかったら日本農業の未来はどうなるのか?

今でこそ、自動潅水は当たり前になりました。しかし、もし潅水が自動化されなかった場合、日本農業はどうなるのか考えたことはありますか? 自動潅水は、潅水にかかる時間を大幅に減らすことで、品質の安定化や規模拡大、収益アップにつ…続きを読む

潅水チューブやシステムを用いた少量多潅水のメリット

少量多潅水は、農作物の水やり作業に用いられる潅水方法のひとつです。 農作物の水やり作業は、多大な労力と時間を要することから、大規模農業や施設園芸などではその負担を軽減するために、潅水装置を使用した潅水作業が行われています…続きを読む

スマート農業や最先端技術を活用した潅水装置を紹介

日本の農業現場では、まだまだ人の手による潅水作業が行われています。 しかし、日本の農業を取り巻く環境は、農業人口の減少や高齢化、後継者や担い手不足等を原因に深刻な人手不足が指摘されています。 この記事では、当社が提供する…続きを読む

SenSproutが販売する「高機能ビニールハウスソリューション」を活用し大和証券グループがベビーリーフ生産ビジネス参入

農業用の土壌水分センサー、潅水制御装置、ビニールハウスソリューションの開発および販売をおこなう株式会社SenSproutの新規農業参入企業向けに販売している「高機能ビニールハウスソリューション」が、大和証券グループの大和…続きを読む

SenSprout、遠隔で潅水予約・管理ができる「潅水制御システム」の有用性が認められ大川市が導入を促進

農業用の土壌水分センサー、潅水制御装置、ビニールハウスソリューションの開発および販売をおこなう株式会社SenSprout(本社:東京都港区、 代表取締役社長:三根一仁)は、スマートフォンやPCから水やりができる「SenS…続きを読む

センサーシステムと栽培コンサルティングで収量アップに直結する「高機能ビニールハウスソリューション」の販売を開始

農業用の土壌水分センサー、潅水制御装置、ビニールハウスソリューションの開発および販売をおこなう株式会社SenSprout(本社:東京都港区、 代表取締役社長:三根一仁)は、センサーシステムと高い技術力を備えた栽培コンサル…続きを読む

日本経済新聞の記事で紹介されました

日本経済新聞、地域経済の3月23日の九州経済面の記事「AI 農業効率経営の芽」で果実堂様との取り組みが紹介されました。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC22H05_S7A320…続きを読む

様々なメディアで自動環境制御・耐風圧設計ビニールハウスの開発・販売事業が紹介されました

2017年02月09日 IoT活用の自動環境制御・耐風圧設計ビニールハウスの開発・販売事業のついての記事が掲載されました。(敬称略) *画像はイメージキャプチャです Ascii http://weekly.ascii.j…続きを読む

「SenSprout Pro」で低コスト!  自動環境制御・耐風圧設計の 高機能ビニールハウスの開発・販売事業を開始

株式会社 SenSprout(本社:東京都港区、代表取締役:三根 一仁、以下当社)は、株式会社果実堂(本社:熊本県 上益城郡、代表取締役:井出 剛、以下果実堂)と株式会社果実堂テクノロジー(本社:熊本県上益城郡、代表取…続きを読む