きゅうり栽培の潅水方法を生育ステージ別に解説

日本では年間(平成30年度)およそ55万トンものきゅうりが生産されているそうです。 主要な生産地は、宮崎県(1位)、群馬県(2位)、埼玉県(3位)、福島県(4位)、千葉県(5位)の5県で、これらの地域ではビニールハウスを[…]

なす栽培向けの潅水方法を生育ステージ別に解説

なすは、日本人が古来より愛してきた農作物のひとつです。平安時代に書かれた「延喜式(えんぎしき)」という書物には、当時の栽培方法が鮮明に残されているそうです。 現代の日本のなす生産地では、ビニールハウス等の施設園芸を中心に[…]

トマト・いちごの潅水方法を生育ステージ別に解説

農作物の水管理は、収穫量や品質の成否を決定する大切な要素のひとつです。特に潅水制御装置を使用した高度な水管理は、「果菜類の着果率や糖度にも大きな影響を及ぼす」とされています。 この記事では、トマト・いちご栽培向けの潅水制[…]

少量多潅水は効率的なのか?試験場の実験結果を紹介

ビニールハウス栽培の要ともいえる「潅水」。 作物の生育に大いに影響するため、潅水方法や潅水資材は慎重に選びたいところです。 潅水方法には噴霧潅水、点滴潅水、頭上潅水などいくつかの方法があります。 中でも、昨今注目を集めて[…]

潅水チューブやシステムを用いた少量多潅水のメリット

少量多潅水は、農作物の水やり作業に用いられる潅水方法のひとつです。 農作物の水やり作業は、多大な労力と時間を要することから、大規模農業や施設園芸などではその負担を軽減するために、潅水装置を使用した潅水作業が行われています[…]

少量多潅水とは?作物別の方法や研究事例などを紹介

農作物に潅水する方法には様々な種類があります。 その中でも「少量多潅水」と呼ばれる潅水方法は、水分の吸収率が高いという特性から、トマトやスイカ、メロンなどの栽培を中心に多くの農業現場で用いられています。 農林水産省や農研[…]