株式会社LCFARM 梅村 晃太様

株式会社LCFARMについて 個人事業主で農業を初めて7年後、農業法人となり2021年8月で2期目となる株式会社LCFARM。 明確な目標と発生した問題に対しての的確なアプローチ、自身の反省を迅速に対応していく等、梅村 …続きを読む

ビニールハウス栽培における土壌水分センサーの利用について

日本では、トマトやいちご、なす、きゅうり、メロンなどの果菜類を中心にビニールハウスを使用した農業生産が行われています。この記事では、ビニールハウス栽培における土壌水分センサーの利用について解説していきます。 目次 1.ビ…続きを読む

水分センサーを使用したEC値の計測と土壌づくりの基準値

水分センサーの中には、土壌に含まれる水分量だけではなく、肥料や塩分濃度を示すEC値(電気伝導度)を計測できる製品もあります。この記事では、水分センサーを使用したEC値の計測と土壌づくりにおける作物別の基準値を紹介します。…続きを読む

水分センサーを活用したスマート農業実証実験を紹介

日本農業は、農業者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加等の課題を背景に、持続可能な農業生産を実現するスマート農業の普及が進んでいます。この記事では、全国で実施されているスマート農業実証プロジェクトの中から、水分センサー…続きを読む

トマト・いちごの潅水方法を生育ステージ別に解説

農作物の水管理は、収穫量や品質の成否を決定する大切な要素のひとつです。特に潅水制御装置を使用した高度な水管理は、「果菜類の着果率や糖度にも大きな影響を及ぼす」とされています。 この記事では、トマト・いちご栽培向けの潅水制…続きを読む

野菜ごとの潅水方法とホース・チューブの使い方

目次 1.潅水方法とホース・チューブの種類 2.潅水方法とホース・チューブを選ぶ時のポイント 3.野菜ごとの潅水方法とホース・チューブのご紹介 1.潅水方法とホース・チューブの種類 野菜の栽培で重要な作業の一つである水や…続きを読む

自動制御で省力化へ!話題のスマート農業機器を紹介

SenSproutは遠隔制御できる潅水装置や、土壌水分センサーを中心に開発・販売しています。 しかし、農業には潅水以外にも様々な要素を、自動制御できる機器があります。 ビニールハウス内の環境を作物の生育にあわせてくれる機…続きを読む

自動潅水やICTで野菜栽培!農業参入している大企業

「企業の農業参入」という言葉を聞いたことはあるでしょうか? 農業では、後継者不足やそれに伴う耕作放棄地の増加といった問題を解決するために、企業の積極的な参入が求められています。 そこで、2003年から企業が農地を借りて農…続きを読む

自動潅水システムを使った革新的な研究結果をご紹介

目次 1.自動潅水システムを使った野菜栽培の研究結果 2.トマト栽培における自動潅水システムの優位性と品種間差 3.ピーマン栽培における自動潅水システムの効果 1. 自動潅水システムを使った野菜栽培の研究結果 自動潅水シ…続きを読む

スマート農業や最先端技術を活用した潅水装置を紹介

日本の農業現場では、まだまだ人の手による潅水作業が行われています。 しかし、日本の農業を取り巻く環境は、農業人口の減少や高齢化、後継者や担い手不足等を原因に深刻な人手不足が指摘されています。 この記事では、当社が提供する…続きを読む

潅水装置を使った栽培に適した作物を分類して解説

農作物の栽培は、地域や環境、条件、栽培する作物ごとに様々な方法がとられています。 その中でも、水やり作業を中心とする農作物への潅水において、農場の規模や栽培品目、ビニールハウス等の利用の有無などを条件に、様々な方法や方式…続きを読む

国内外で使用される自動潅水装置と先端技術を紹介

自動潅水装置とは、スプリンクラーや潅水チューブ等を用いて作物の水やりや施肥を自動的に行う設備のことを指します。 この設備を使用した作物の水管理法は、多大な時間と労力が必要とされる作物の水やり作業がすべて自動で行えるため、…続きを読む

潅水チューブの概要と使い方!用途別のおすすめも紹介

潅水チューブは、大規模農業や施設園芸で行われる水やり等で使用される農業用のホースです。潅水チューブには様々な種類と役割があり、作物や用途によって使用方法や設置箇所が分けられています。 この記事では潅水チューブの役割や種類…続きを読む