おつづき農園 代表 緒續 一馬様

おつづき農園について 祖父から続く3代目農家である緒續代表ですが、初代は牛とブドウ・2代目はスイカメロン、3代目は小松菜と、代変わりとともに栽培作物も変化していったそうです。 今回は、小松菜を生産し売り上げを大きく伸ばし…続きを読む

株式会社ohana本舗 代表取締役社長 赤嶺 祐司様

株式会社ohana本舗について 医薬品、医療機器の卸販売を中心とした事業を展開し、売上4,711億円(2020年3月期)を誇る大企業が農業へ参入。 他業種の大企業が農業参入するその意味を株式会社ohana本舗の赤嶺代表取…続きを読む

株式会社ナチュール 前渕 健太郎様

株式会社ナチュールについて 株式会社ナチュールは、スイカの産地で有名な熊本県北区植木町でワイン用のブドウを栽培している農業法人です。 そのブドウで作られた「菊鹿シャルドネ」は、『日本で飲もう最高のワイン2019受賞』、『…続きを読む

株式会社松岡グリーンファーム山都 松岡 和博様

株式会社松岡グリーンファーム山都について 1854年に”肥後の石工”たちの持つ技術を用いて建設した石橋「通潤橋」は、日本最大級の石造りアーチ水路橋で国の重要文化財に指定されております。農業に水は不可欠であり、167年前に…続きを読む

株式会社鳥越ネットワーク 鳥越 耕輔様

株式会社鳥越ネットワークについて 耕作放棄地が増える中、田畑を守る取り組み。過去の慣例にとらわれず独自で仕組みを作り、「農業で楽しい未来を紡ぐ」をビジョンに掲げ有機栽培にこだわった結果、未来につながる持続可能な農業推進コ…続きを読む

トマト栽培で自動潅水するメリットを解説

潅水作業の自動化は、生産者の労力を軽減するのみならず、農業生産に係わるすべての要素に大きな効果をもたらすとされています。この記事では、潅水を自動化するメリットについて、トマト栽培を例に解説していきます。 目次 1.潅水制…続きを読む

なす栽培向けの潅水方法を生育ステージ別に解説

なすは、日本人が古来より愛してきた農作物のひとつです。平安時代に書かれた「延喜式(えんぎしき)」という書物には、当時の栽培方法が鮮明に残されているそうです。 現代の日本のなす生産地では、ビニールハウス等の施設園芸を中心に…続きを読む

潅水チューブやシステムを用いた少量多潅水のメリット

少量多潅水は、農作物の水やり作業に用いられる潅水方法のひとつです。 農作物の水やり作業は、多大な労力と時間を要することから、大規模農業や施設園芸などではその負担を軽減するために、潅水装置を使用した潅水作業が行われています…続きを読む

スマート農業や最先端技術を活用した潅水装置を紹介

日本の農業現場では、まだまだ人の手による潅水作業が行われています。 しかし、日本の農業を取り巻く環境は、農業人口の減少や高齢化、後継者や担い手不足等を原因に深刻な人手不足が指摘されています。 この記事では、当社が提供する…続きを読む

1/30「九州スマート農業マッチングフェア」に出展致します

農業用の土壌水分センサー、潅水制御装置、ビニールハウスソリューションの開発および販売をおこなう株式会社SenSprout(本社:東京都港区、 代表取締役社長:三根一仁)は、「九州スマート農業マッチングフェア」に出展致しま…続きを読む