土壌水分センサー市場の現状と今後の成長

目次 1. 土壌水分センサーとは 2. 土壌水分センサーの市場調査レポートを読み解く 3. 世界の土壌水分センサー市場は2027年までに4億1120万ドル 4. 土壌水分センサー市場の主要セグメント 5. まとめ 1. …続きを読む

水分センサーを活用したスマート農業実証実験を紹介

日本農業は、農業者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加等の課題を背景に、持続可能な農業生産を実現するスマート農業の普及が進んでいます。この記事では、全国で実施されているスマート農業実証プロジェクトの中から、水分センサー…続きを読む

株式会社 RUSH FARM 永利 侑太朗様

株式会社RUSH FARM(ラッシュファーム)について 葉物野菜の栽培がとても盛んな福岡県。 その地で、栽培だけでなく未来の農業を考えた取組として、スマート農業実証プロジェクトで作業履歴入力による効率化アプリを作成し、自…続きを読む

水分センサーと潅水制御装置の併用について

潅水制御装置には、農作物の水管理を省力化するために開発された様々な機器が使用されています。また、水分センサーは潅水作業の効率化を実現する重要な役割を果たすとして知られています。この記事では、水分センサーと潅水制御装置の併…続きを読む

株式会社佐保(サホ)農園 佐保 正彦様

株式会社佐保(サホ)農園について 佐賀県佐賀市大和町にある佐保農園。近くには美人の湯で有名な古湯温泉、九州では数少ないスキー場の天山スキー場がある。そんな自然に恵まれた地で農業法人を運営されている佐保社長にインタビューを…続きを読む

自動潅水が普及しなかったら日本農業の未来はどうなるのか?

今でこそ、自動潅水は当たり前になりました。しかし、もし潅水が自動化されなかった場合、日本農業はどうなるのか考えたことはありますか? 自動潅水は、潅水にかかる時間を大幅に減らすことで、品質の安定化や規模拡大、収益アップにつ…続きを読む

自動潅水装置の各社導入総額とスペックを比較紹介

目次 1. 農業の機械化と変化する導入時の価格構造 2. ①センスプラウト 3. ②ゼロアグリ 4. ③サンホープ 5. 自動潅水装置導入時に使える補助金 1. 農業の機械化と変化する導入時の価格構造 潅水は農業において…続きを読む

自動潅水制御のために必要なインプット情報について

潅水制御には、手動・遠隔・自動の3つの種類があります。 その中でも、自動潅水制御は潅水作業に関するすべての操作を自動で制御できる潅水システムになっています。この記事では、潅水の自動化に必要なインプット情報を解説します。 …続きを読む

潅水作業の効率化によって余った時間の使い方

目次 1. 自動潅水装置の導入により削減できる作業時間 2. 潅水の効率化によって余った時間でできることをご紹介 3. 潅水の効率化によってできる改善の時間 4. 潅水の効率化によってできる農業経営を考える時間 5. 潅…続きを読む

日本農業新聞 2021年 1月11日号 に掲載 導入事例「曽我ファームさん」

日本農業新聞 2021年 1月11日号 「資材ナビ」にてSenSprout 潅水制御システムが紹介されました。新潟市でトマト・アスパラガス等を生産・販売しており、弊社製品をご利用頂いている曽我ファーム(曽我農園)さんの導…続きを読む

農業試験所や大学による自動潅水における研究結果

目次 自動潅水における研究結果について 研究①「点滴潅水がメロンの生育に与える影響」 研究②「点滴灌水を用いた露地栽培なすの施肥方法」 研究③「自動チューブ潅水によるキャベツ育苗」 研究④「IoTによる栽培技術と自動潅水…続きを読む

世界最先端!オランダのビニールハウス栽培を紹介

日本でもスマート農業が浸透しつつありますが、世界でいち早くスマート農業を取り入れ、驚きの高収量を実現している国があるのをご存じでしょうか? それは、風車やチューリップ畑の風景が美しいヨーロッパの国、オランダです。 オラン…続きを読む

AIが農作物を自動潅水で栽培した論文を紹介

スマート農業の推進により、自動潅水システムを利用したビニールハウスでの野菜栽培が普及してきました。 自動潅水システムではビニールハウス内にチューブやホースを設置し、潅水装置を使って潅水量や液肥濃度を制御します。 人の手で…続きを読む

ビニールハウス栽培での最適な潅水タイミング

作物を育てていると「潅水ってどのタイミングで、どのくらいやるのが適切なんだろう?」と感じたことがあるのではないでしょうか。 「水やり3年」という言葉があるように、潅水は一見簡単なように見えますが、そのタイミングは非常に難…続きを読む

自動制御で省力化へ!話題のスマート農業機器を紹介

SenSproutは遠隔制御できる潅水装置や、土壌水分センサーを中心に開発・販売しています。 しかし、農業には潅水以外にも様々な要素を、自動制御できる機器があります。 ビニールハウス内の環境を作物の生育にあわせてくれる機…続きを読む

農作業が楽に!ビニールハウスAI管理システムを紹介

「スマート農業」という言葉が世の中に出てしばらく経ちました。 潅水やトラクターなどの自動運転化、ドローンの利用など、あらゆる農作業がスマート農業化しています。 実際にスマート農業に切り替えて、「作業が楽になった」、「効率…続きを読む

生産・販売・経営管理で農業をITで見える化!

高齢化による農業従事者の減少など、さまざまな問題を抱えている日本の農業。とくに労働者不足が深刻化する中で、農業における様々な管理の省力化は急務と言えるでしょう。 そこで今回は省力化だけでなく収量や品質の向上なども期待でき…続きを読む

稲作の水管理を省力化!IT活用の潅水装置を3つ紹介

稲作の管理作業の中でも重要とされている水の管理。とくに7月下旬以降の高温期を迎えるにあたり、高温障害などのリスクを避けるためにもしっかりとした水の管理が必要となってきます。 また、水管理の作業割合は全体の3割ほどを占める…続きを読む

少量多潅水とは?作物別の方法や研究事例などを紹介

農作物の潅水方法には様々な種類があります。 その中でも、少量多潅水と呼ばれる潅水方法は、「農作物の水分の吸収率を高くする」という特性から、トマトやスイカ、メロンなど果菜類の栽培を中心に多くの農業現場で実践されています。 …続きを読む

潅水ポンプを使った、遠隔や手動の潅水システムを解説

潅水ポンプを使った潅水システムは、広範囲への潅水を可能にするため、農業の効率化に非常に便利な設備です。 特に、水管理が重要なハウス栽培では、インターネットを利用した遠隔操作で潅水時間を制御できる「遠隔潅水システム」の導入…続きを読む

潅水ポンプ(農業用ポンプ)の種類と使い方を解説

作物の水やりに潅水チューブや潅水ホースなどを導入する場合、水源から水を汲み上げるための潅水ポンプ(農業用ポンプ)が必要になります。 しかし、潅水ポンプは使い方に応じていろいろな種類があるため、どれを選べばいいか悩むことも…続きを読む

スマート農業や最先端技術を活用した潅水装置を紹介

日本の農業現場では、まだまだ人の手による潅水作業が行われています。 しかし、日本の農業を取り巻く環境は、農業人口の減少や高齢化、後継者や担い手不足等を原因に深刻な人手不足が指摘されています。 この記事では、当社が提供する…続きを読む

潅水方法の種類や方法における最適な潅水チューブは?

農作物の水やり作業は、農業生産者が行う作業の中でも特に重要な仕事の一つです。 大規模農場やビニールハウス等の施設栽培では、水やり作業の負担軽減と省力化を目的に、手動による潅水制御装置を用いた水やり作業が行われています。 …続きを読む

国内外で使用される自動潅水装置と先端技術を紹介

自動潅水装置とは、スプリンクラーや潅水チューブ等を用いて作物の水やりや施肥を自動的に行う設備のことを指します。 この設備を使用した作物の水管理法は、多大な時間と労力が必要とされる作物の水やり作業がすべて自動で行えるため、…続きを読む

「第七回 国際 次世代農業EXPO」に出展致します

農業用の土壌水分センサー、潅水制御装置、ビニールハウスソリューションの開発および販売をおこなう株式会社SenSprout(本社:東京都港区、 代表取締役社長:三根一仁)は、「第七回 国際 次世代農業EXPO」に一般財団法…続きを読む

東大発スタートアップの株式会社SenSproutはNEDO PCAに採択されました

農業用の土壌水分センサー、潅水制御装置、ビニールハウスソリューションの開発および販売をおこなう株式会社SenSprout(本社:東京都港区、 代表取締役社長:三根一仁)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機…続きを読む

SenSprout 第三者割当増資を実施 テクノロジーで「農業を儲かる事業」に

農業用の土壌水分センサー、潅水制御装置、ビニールハウスソリューションの開発および販売をおこなう株式会社SenSprout(本社:東京都港区、 代表取締役社長:三根一仁)は、第三者割当増資を実施し、資金調達を完了いたしまし…続きを読む

SenSproutはIT導入補助金の導入支援事業者に採択されました

株式会社SenSproutはIT導入補助金2020のIT導入支援事業者として採択されました。 IT導入補助金の趣旨は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助する…続きを読む

2/4「スマート農業とちぎ推進フェア」に出展致します

農業用の土壌水分センサー、潅水制御装置、ビニールハウスソリューションの開発および販売をおこなう株式会社SenSprout(本社:東京都港区、 代表取締役社長:三根一仁)は、「スマート農業とちぎ推進フェア」に出展致します。…続きを読む