大根栽培における潅水作業のコツと注意点

大根は、ビタミンCやカリウム、食物繊維など豊富な栄養素を含む人気の農作物です。しかし、これらの栄養素を多く含む高品質な大根を生産していくためには、農作物の成長に必要な水分を補給する潅水作業が重要になってきます。この記事で…続きを読む

ネギ栽培における潅水作業と収量増加の関係について

潅水作業は、農作物の収量に大きな影響を及ぼす重要な作業です。この記事では、ネギ栽培における潅水作業と収量増加の関係について解説していきます。 目次 1.日本のネギ栽培 2.ネギ栽培のポイント 3.潅水作業と収量増加の関係…続きを読む

玉ねぎ栽培の潅水作業について

玉ねぎは、カルシウムやリン、鉄などのミネラル分やビタミンB1、B2などの栄養素を多く含む人気の農作物です。しかし、これらの栄養素を豊富に含んだ高品質な玉ねぎを生産していくためには、農作物の成長に必要な水分を補給する潅水作…続きを読む

じゃがいも栽培における潅水作業の注意点

じゃがいもは、私たち日本人の食生活に深く関係する重要な農作物です。この記事では、じゃがいも栽培における潅水作業の注意点について解説していきます。 目次 1.日本のじゃがいも栽培 2.じゃがいも栽培のポイント 3.潅水作業…続きを読む

かぼちゃ栽培における潅水作業のポイント

高収量・高品質な農業生産を実現するためには、農作物の成長に必要な水分を補給する潅水作業を効率的に行っていくことが重要です。この記事では、かぼちゃ栽培における潅水作業のポイントについて解説していきます。 目次 1.日本のか…続きを読む

株式会社愛菜華田中ファーム 田中 稔久様

株式会社愛菜華田中ファームについて 一般的に会社を大きくするために、右腕が必要と言われます。 しかし、「右腕は不要。誰でも活躍できる仕組みを作るのが大事。」とのこと。 今回は、株式会社愛菜華田中ファームの田中 稔久社長に…続きを読む

株式会社KOMATSU FLOWER 小松 大作様

株式会社KOMATSU FLOWERについて 約10年前にお父様がお亡くなりになり、農作業に追われる日々が続いた後、2019年に法人化して現在は3年目。今では正社員2名 パート10名を雇用する農業法人へと成長された、株式…続きを読む

露地栽培における土壌水分センサーの利用について

日本では、露地栽培と呼ばれる栽培方法をメインに、葉物類や果菜類、根菜類や,花き類など多くの農作物が生産されています。この記事では、露地栽培における土壌水分センサーの利用について解説していきます。 目次 1.露地栽培とは …続きを読む

有限会社伊万里グリーンファーム 前田 修造様

有限会社伊万里グリーンファームについて 1991年3月に設立され、今年30周年を迎えた有限会社伊万里グリーンファーム。 当時としては、農業を法人化する生産者は少なく、農業法人の先駆者と言っても過言ではないでしょう。 その…続きを読む

データロガー付き土壌水分センサーの使い方

土壌水分センサーの中には、土壌に含まれる水分量を測定して記録するデータロガー付きの製品も発売されています。この記事では、データロガー付き土壌水分センサーの使い方について解説していきます。 目次 1.土壌水分センサーが検知…続きを読む

株式会社KARATSU TACHIBANA 代表取締役 上野 勉様

株式会社KARATSU TACHIBANAについて 株式会社KARATSU TACHIBANAの代表取締役でもあり、全国農業青年クラブ連絡協議会の副会長でもある上野 勉様。温州みかんの代表的な品種である「上野早生」を生み…続きを読む

エイチアイ株式会社 代表取締役 稲吉 久徳様

エイチアイ株式会社について 大学時代から経営をしたいと考えていた稲吉社長は、若干30歳にて農業・飲食店を開業し、さらに美容業界への進出も検討されています。 なぜ美容?と不思議な印象も受けますが、その根底には農業を起点とし…続きを読む

株式会社香月菜園 香月 勝昭様

株式会社香月菜園について 15年前まだ誰もパクチーという野菜を知らなかった時期から生産をはじめ、今や日本最大級の規模となった香月菜園。 しかし、ここ最近の気象の変化で4年連続、計5回も作物が全滅する水害被害に遭われており…続きを読む

ベジハート株式会社 代表取締役 伊藤 賢一郎様

ベジハート株式会社について 今後起こりうる環境の変化を捉え、様々な打ち手を考え対処していくこと。これは、会社を経営し、継続していくために、経営者の手腕が問われるところです。 社会・業界における変化が激しい中、福岡県内にて…続きを読む

株式会社green style 代表取締役 吉岡 慎吾様

株式会社green styleについて 2019年に規模拡大と人材確保の為、法人化された株式会社green styleの代表取締役社長、吉岡慎吾様にお話を伺いました。 インタビューの中で「特別なことは何もしていないよ。」…続きを読む

土壌水分の測定と作物別の消費水量を解説

高収量・高品質な農業生産を実現するためには、土壌に含まれる水分量を正確に把握する必要があります。この記事では、農業水分センサーを用いた土壌水分の測定と作物別の消費水量を解説していきます。 目次 1.農業水分センサーとは …続きを読む

土壌水分センサー市場の現状と今後の成長

目次 1. 土壌水分センサーとは 2. 土壌水分センサーの市場調査レポートを読み解く 3. 世界の土壌水分センサー市場は2027年までに4億1120万ドル 4. 土壌水分センサー市場の主要セグメント 5. まとめ 1. …続きを読む

有限会社松山ファーム 松山 哲治様

有限会社松山ファームについて 長崎県の雲仙は歴史的にも、火山と共存してきた地域でもあり、自然との共存は必然とされる場所です。その昔、「温泉」が「うんぜん」と呼ばれていた時代があるそうです。 そんな雲仙でレタス栽培を中心に…続きを読む

株式会社ナチュール 前渕 健太郎様

株式会社ナチュールについて 株式会社ナチュールは、スイカの産地で有名な熊本県北区植木町でワイン用のブドウを栽培している農業法人です。 そのブドウで作られた「菊鹿シャルドネ」は、『日本で飲もう最高のワイン2019受賞』、『…続きを読む

株式会社 RUSH FARM 永利 侑太朗様

株式会社RUSH FARM(ラッシュファーム)について 葉物野菜の栽培がとても盛んな福岡県。 その地で、栽培だけでなく未来の農業を考えた取組として、スマート農業実証プロジェクトで作業履歴入力による効率化アプリを作成し、自…続きを読む

新規就農者向け!最新の農業用水分センサー情報

目次 1. 農業用水分センサーとは 2. 農業用水分センサーが必要な理由 3. 新規就農者向けの農業用水分センサー情報 4. 水分センサーを活用した強い農業 1. 農業用水分センサーとは 土壌水分センサーとは、その名の通…続きを読む

株式会社Y.Kカンパニー 本田 和也様

株式会社Y.Kカンパニーについて 佐賀県唐津と言えば、呼子の活イカが有名。今回、そんな活イカに負けない勢いのある生産者のお話を聞かせていただきました。 野菜を食べて健康になろう、そんな思いで設立された、株式会社Y.Kカン…続きを読む

株式会社佐保(サホ)農園 佐保 正彦様

株式会社佐保(サホ)農園について 佐賀県佐賀市大和町にある佐保農園。近くには美人の湯で有名な古湯温泉、九州では数少ないスキー場の天山スキー場がある。そんな自然に恵まれた地で農業法人を運営されている佐保社長にインタビューを…続きを読む

代表的な潅水機器・資材の比較と作物別の選び方

目次 1. 代表的な潅水機器・資材の比較 2. 作物別の潅水機器・資材の選び方 3. 規模に応じた潅水機器・資材の選び方 1. 代表的な潅水機器・資材の比較 最近では潅水装置を使った農業が一般的になり、水やり操作も自動の…続きを読む

自動潅水が普及しなかったら日本農業の未来はどうなるのか?

今でこそ、自動潅水は当たり前になりました。しかし、もし潅水が自動化されなかった場合、日本農業はどうなるのか考えたことはありますか? 自動潅水は、潅水にかかる時間を大幅に減らすことで、品質の安定化や規模拡大、収益アップにつ…続きを読む

潅水制御装置に使用する潅水チューブ・電磁弁を解説

潅水制御装置は、水源の水を汲み上げる農業用ポンプ、水の流れを制御する電磁弁、水やり作業を実行する潅水チューブなど様々な設備で構成されています。その中でも、潅水チューブと電磁弁は、潅水の実行とタイミングを制御する役割から、…続きを読む

自動潅水装置を導入する前に知っておきたいこと

目次 1.自動潅水を実現するための事前情報 2.自動潅水の種類と導入コスト 3.潅水のタイミングとその重要性 4.自動潅水用ポンプの種類と手入れ 5.自動潅水におけるメリット・デメリット 1.自動潅水を実現するための事前…続きを読む

露地栽培での潅水制御機器導入による作物への影響

「潅水設備」と聞くと、ビニールハウス栽培をイメージされる方が多いかと思います。 天候の影響を受けにくいビニールハウスであれば、潅水設備によって労力を削減することで、効率的に品質の高い作物を生産することができます。 一方で…続きを読む

農業試験所や大学による自動潅水における研究結果

目次 自動潅水における研究結果について 研究①「点滴潅水がメロンの生育に与える影響」 研究②「点滴灌水を用いた露地栽培なすの施肥方法」 研究③「自動チューブ潅水によるキャベツ育苗」 研究④「IoTによる栽培技術と自動潅水…続きを読む

効率的な自動潅水を行うための天気予報の活用方法

目次 1.現代の天気予報の精度 2.農業における天気予報の重要性 3.天気予報を活用した自動潅水とは 現在の天気予報の精度 植物の栽培において、日々の気温や降水量は成長に影響を与える環境要因です。積算気温によって、植物の…続きを読む