農業経営の観点から見た水分センサーの重要性

目次 1. 水分センサーとは 2. 農業経営の観点から見た水分センサーの重要性 3. 水分センサーの機能性 4. おすすめの水分センサー 5. まとめ 1. 水分センサーとは 水分センサーは、土壌に含まれる水分量や水分率…続きを読む

株式会社ohana本舗 代表取締役社長 赤嶺 祐司様

株式会社ohana本舗について 医薬品、医療機器の卸販売を中心とした事業を展開し、売上4,711億円(2020年3月期)を誇る大企業が農業へ参入。 他業種の大企業が農業参入するその意味を株式会社ohana本舗の赤嶺代表取…続きを読む

土壌水分センサー市場の現状と今後の成長

目次 1. 土壌水分センサーとは 2. 土壌水分センサーの市場調査レポートを読み解く 3. 世界の土壌水分センサー市場は2027年までに4億1120万ドル 4. 土壌水分センサー市場の主要セグメント 5. まとめ 1. …続きを読む

有限会社松山ファーム 松山 哲治様

有限会社松山ファームについて 長崎県の雲仙は歴史的にも、火山と共存してきた地域でもあり、自然との共存は必然とされる場所です。その昔、「温泉」が「うんぜん」と呼ばれていた時代があるそうです。 そんな雲仙でレタス栽培を中心に…続きを読む

水分センサーを使用したEC値の計測と土壌づくりの基準値

水分センサーの中には、土壌に含まれる水分量だけではなく、肥料や塩分濃度を示すEC値(電気伝導度)を計測できる製品もあります。この記事では、水分センサーを使用したEC値の計測と土壌づくりにおける作物別の基準値を紹介します。…続きを読む

株式会社ナチュール 前渕 健太郎様

株式会社ナチュールについて 株式会社ナチュールは、スイカの産地で有名な熊本県北区植木町でワイン用のブドウを栽培している農業法人です。 そのブドウで作られた「菊鹿シャルドネ」は、『日本で飲もう最高のワイン2019受賞』、『…続きを読む

水分センサーを活用したスマート農業実証実験を紹介

日本農業は、農業者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加等の課題を背景に、持続可能な農業生産を実現するスマート農業の普及が進んでいます。この記事では、全国で実施されているスマート農業実証プロジェクトの中から、水分センサー…続きを読む

株式会社松岡グリーンファーム山都 松岡 和博様

株式会社松岡グリーンファーム山都について 1854年に”肥後の石工”たちの持つ技術を用いて建設した石橋「通潤橋」は、日本最大級の石造りアーチ水路橋で国の重要文化財に指定されております。農業に水は不可欠であり、167年前に…続きを読む

株式会社 RUSH FARM 永利 侑太朗様

株式会社RUSH FARM(ラッシュファーム)について 葉物野菜の栽培がとても盛んな福岡県。 その地で、栽培だけでなく未来の農業を考えた取組として、スマート農業実証プロジェクトで作業履歴入力による効率化アプリを作成し、自…続きを読む

株式会社鳥越ネットワーク 鳥越 耕輔様

株式会社鳥越ネットワークについて 耕作放棄地が増える中、田畑を守る取り組み。過去の慣例にとらわれず独自で仕組みを作り、「農業で楽しい未来を紡ぐ」をビジョンに掲げ有機栽培にこだわった結果、未来につながる持続可能な農業推進コ…続きを読む

新規就農者向け!最新の農業用水分センサー情報

目次 1. 農業用水分センサーとは 2. 農業用水分センサーが必要な理由 3. 新規就農者向けの農業用水分センサー情報 4. 水分センサーを活用した強い農業 1. 農業用水分センサーとは 土壌水分センサーとは、その名の通…続きを読む

株式会社Y.Kカンパニー 本田 和也様

株式会社Y.Kカンパニーについて 佐賀県唐津と言えば、呼子の活イカが有名。今回、そんな活イカに負けない勢いのある生産者のお話を聞かせていただきました。 野菜を食べて健康になろう、そんな思いで設立された、株式会社Y.Kカン…続きを読む

水分センサーと潅水制御装置の併用について

潅水制御装置には、農作物の水管理を省力化するために開発された様々な機器が使用されています。また、水分センサーは潅水作業の効率化を実現する重要な役割を果たすとして知られています。この記事では、水分センサーと潅水制御装置の併…続きを読む

株式会社佐保(サホ)農園 佐保 正彦様

株式会社佐保(サホ)農園について 佐賀県佐賀市大和町にある佐保農園。近くには美人の湯で有名な古湯温泉、九州では数少ないスキー場の天山スキー場がある。そんな自然に恵まれた地で農業法人を運営されている佐保社長にインタビューを…続きを読む

代表的な潅水機器・資材の比較と作物別の選び方

目次 1. 代表的な潅水機器・資材の比較 2. 作物別の潅水機器・資材の選び方 3. 規模に応じた潅水機器・資材の選び方 1. 代表的な潅水機器・資材の比較 最近では潅水装置を使った農業が一般的になり、水やり操作も自動の…続きを読む

自動潅水が普及しなかったら日本農業の未来はどうなるのか?

今でこそ、自動潅水は当たり前になりました。しかし、もし潅水が自動化されなかった場合、日本農業はどうなるのか考えたことはありますか? 自動潅水は、潅水にかかる時間を大幅に減らすことで、品質の安定化や規模拡大、収益アップにつ…続きを読む

潅水制御装置に使用する潅水チューブ・電磁弁を解説

潅水制御装置は、水源の水を汲み上げる農業用ポンプ、水の流れを制御する電磁弁、水やり作業を実行する潅水チューブなど様々な設備で構成されています。その中でも、潅水チューブと電磁弁は、潅水の実行とタイミングを制御する役割から、…続きを読む

センスプラウトの潅水制御装置に必要な電源設備

ビニールハウスに自動潅水を導入するためには、電気設備を設置する必要があります。 そこで重要となるのが「電源」です。 実はビニールハウスで使える電源には、家庭用電源やソーラーパネルなどいくつかあります。そして、潅水制御装置…続きを読む

自動潅水装置の各社導入総額とスペックを比較紹介

目次 1. 農業の機械化と変化する導入時の価格構造 2. ①センスプラウト 3. ②ゼロアグリ 4. ③サンホープ 5. 自動潅水装置導入時に使える補助金 1. 農業の機械化と変化する導入時の価格構造 潅水は農業において…続きを読む

ビニールハウスに潅水制御機器を導入する際の費用

自動潅水制御機器の登場により、ビニールハウス栽培における潅水作業は効率化が大きく進んでいます。設定しておくだけで自動的に潅水してくれるため、作業の手間が大幅に省けるからです。上手く使うことで、規模拡大や収益アップにもつな…続きを読む

自動潅水制御のために必要なインプット情報について

潅水制御には、手動・遠隔・自動の3つの種類があります。 その中でも、自動潅水制御は潅水作業に関するすべての操作を自動で制御できる潅水システムになっています。この記事では、潅水の自動化に必要なインプット情報を解説します。 …続きを読む

潅水作業の効率化によって余った時間の使い方

目次 1. 自動潅水装置の導入により削減できる作業時間 2. 潅水の効率化によって余った時間でできることをご紹介 3. 潅水の効率化によってできる改善の時間 4. 潅水の効率化によってできる農業経営を考える時間 5. 潅…続きを読む

トマト栽培で自動潅水するメリットを解説

潅水作業の自動化は、生産者の労力を軽減するのみならず、農業生産に係わるすべての要素に大きな効果をもたらすとされています。この記事では、潅水を自動化するメリットについて、トマト栽培を例に解説していきます。 目次 1.潅水制…続きを読む

日本農業新聞 2021年 1月11日号 に掲載 導入事例「曽我ファームさん」

日本農業新聞 2021年 1月11日号 「資材ナビ」にてSenSprout 潅水制御システムが紹介されました。新潟市でトマト・アスパラガス等を生産・販売しており、弊社製品をご利用頂いている曽我ファーム(曽我農園)さんの導…続きを読む

農業で使える給水設備と対応する潅水ポンプの紹介

農業にとって欠かせない水。 農地にどうやって水をもってくるかは重要な問題です。 しかし、給水設備には農業用水や農業用パイプラインなどいくつかの種類があり、それによって必要となるポンプも違います。 実際に導入しようとすると…続きを読む

自動潅水装置を導入する前に知っておきたいこと

目次 1.自動潅水を実現するための事前情報 2.自動潅水の種類と導入コスト 3.潅水のタイミングとその重要性 4.自動潅水用ポンプの種類と手入れ 5.自動潅水におけるメリット・デメリット 1.自動潅水を実現するための事前…続きを読む

ビニールハウス栽培における潅水時刻と潅水量を解説

ビニールハウス等の施設栽培では、潅水制御装置を使用した農作物の水管理が行われています。潅水制御装置は、農作物への水やり作業を効率化するための装置で、農業者の作業的負担の軽減や収量の向上、品質の確保等を目的としています。こ…続きを読む