露地栽培での潅水制御機器導入による作物への影響

「潅水設備」と聞くと、ビニールハウス栽培をイメージされる方が多いかと思います。 天候の影響を受けにくいビニールハウスであれば、潅水設備によって労力を削減することで、効率的に品質の高い作物を生産することができます。 一方で…続きを読む

農業試験所や大学による自動潅水における研究結果

目次 自動潅水における研究結果について 研究①「点滴潅水がメロンの生育に与える影響」 研究②「点滴灌水を用いた露地栽培なすの施肥方法」 研究③「自動チューブ潅水によるキャベツ育苗」 研究④「IoTによる栽培技術と自動潅水…続きを読む

きゅうり栽培の潅水方法を生育ステージ別に解説

日本では年間(平成30年度)およそ55万トンものきゅうりが生産されているそうです。 主要な生産地は、宮崎県(1位)、群馬県(2位)、埼玉県(3位)、福島県(4位)、千葉県(5位)の5県で、これらの地域ではビニールハウスを…続きを読む

効率的な自動潅水を行うための天気予報の活用方法

目次 1.現代の天気予報の精度 2.農業における天気予報の重要性 3.天気予報を活用した自動潅水とは 現在の天気予報の精度 植物の栽培において、日々の気温や降水量は成長に影響を与える環境要因です。積算気温によって、植物の…続きを読む

世界最先端!オランダのビニールハウス栽培を紹介

日本でもスマート農業が浸透しつつありますが、世界でいち早くスマート農業を取り入れ、驚きの高収量を実現している国があるのをご存じでしょうか? それは、風車やチューリップ畑の風景が美しいヨーロッパの国、オランダです。 オラン…続きを読む

なす栽培向けの潅水方法を生育ステージ別に解説

なすは、日本人が古来より愛してきた農作物のひとつです。平安時代に書かれた「延喜式(えんぎしき)」という書物には、当時の栽培方法が鮮明に残されているそうです。 現代の日本のなす生産地では、ビニールハウス等の施設園芸を中心に…続きを読む

トマト・いちごの潅水方法を生育ステージ別に解説

農作物の水管理は、収穫量や品質の成否を決定する大切な要素のひとつです。特に潅水制御装置を使用した高度な水管理は、「果菜類の着果率や糖度にも大きな影響を及ぼす」とされています。 この記事では、トマト・いちご栽培向けの潅水制…続きを読む

葉物類の潅水制御方法を生育ステージごとに紹介

目次 1.ビニールハウス栽培がおすすめの葉物類とは 2.葉物類の生育ステージを解説 3.生育ステージごとの潅水制御方法を紹介 1.ビニールハウス栽培がおすすめの葉物類とは 野菜の栽培方法には、露地栽培やビニールハウス栽培…続きを読む

AIが農作物を自動潅水で栽培した論文を紹介

スマート農業の推進により、自動潅水システムを利用したビニールハウスでの野菜栽培が普及してきました。 自動潅水システムではビニールハウス内にチューブやホースを設置し、潅水装置を使って潅水量や液肥濃度を制御します。 人の手で…続きを読む

ビニールハウス栽培での最適な潅水タイミング

作物を育てていると「潅水ってどのタイミングで、どのくらいやるのが適切なんだろう?」と感じたことがあるのではないでしょうか。 「水やり3年」という言葉があるように、潅水は一見簡単なように見えますが、そのタイミングは非常に難…続きを読む

野菜ごとの潅水方法とホース・チューブの使い方

目次 1.潅水方法とホース・チューブの種類 2.潅水方法とホース・チューブを選ぶ時のポイント 3.野菜ごとの潅水方法とホース・チューブのご紹介 1.潅水方法とホース・チューブの種類 野菜の栽培で重要な作業の一つである水や…続きを読む

潅水制御装置の体系と設置方法について解説

農作物の水やり作業を省力化する方法のひとつに潅水制御装置があります。 潅水制御装置を使用した水やり作業は、農業者の身体的負担の軽減や高度な栽培管理に役立つため、多くの農業現場で用いられています。 しかし、潅水制御装置を使…続きを読む

アスパラガスの潅水制御方法を生育ステージ毎にご紹介

目次 1.アスパラガスの生育ステージとは 2.定植後1年目の潅水制御方法 3.2年目以降の生育ステージ毎の潅水制御方法 4.アスパラガスの潅水制御方法まとめ アスパラガスの生育ステージとは 植物には生育状況を示す、発芽か…続きを読む

ビニールハウスによる水稲育苗での潅水方法とは

「苗半作」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 稲作においてよく聞かれる言葉で、「苗を育てるまでで、その作物を半分作り終わったようなものだ」という苗作りの大切さを表した言葉です。 実際、苗作りに失敗すると思うように生…続きを読む

手動・遠隔・自動における潅水制御方法の違い

大規模農業やビニールハウス等の施設栽培では、潅水制御装置を使用した水やり作業が一般とされています。 潅水制御装置を用いた水やり作業は、手動・遠隔・自動の3つの種類があり、それぞれに特徴や違いがあるようです。 この記事では…続きを読む

自動潅水が野菜栽培に有効?水分管理の重要性を紹介

目次 1.野菜栽培における水分管理の重要性 2.自動潅水が野菜栽培に有効なわけ-事例①- 3.自動潅水が野菜栽培に有効なわけ-事例②- 野菜栽培における水分管理の重要性 植物の生育には、酸素や気温、二酸化炭素などの環境要…続きを読む

ホームセンターで購入できる灌水機器・資材のまとめ

目次 1.ホームセンターで潅水機器・潅水資材を購入しよう 2.ホームセンターで購入できる潅水機器・潅水資材 3.ホームセンターで購入できる潅水システムの部品 ホームセンターで潅水機器・潅水資材を購入しよう 潅水機器や潅水…続きを読む

潅水機器・資材のメンテナンス方法と耐用年数を紹介

目次 1.潅水機器・資材のメンテナンスの重要性 2.潅水機器・資材の正しいメンテナンス方法 3.潅水機器・資材の耐用年数 4.まとめ 潅水機器・資材のメンテナンスの重要性 潅水機器・資材をはじめ、農業器具を長期間使用する…続きを読む

寒冷地で使う潅水ホース・チューブの選び方と保管方法

目次 1.潅水ホース・チューブを寒冷地で使うには 2.耐寒性のある潅水ホース・チューブを選ぼう! 3.寒冷地で潅水ホース・チューブを保管する方法 潅水ホース・チューブを寒冷地で使うには 寒冷地でハウス栽培をするには、潅水…続きを読む

自動制御で省力化へ!話題のスマート農業機器を紹介

SenSproutは遠隔制御できる潅水装置や、土壌水分センサーを中心に開発・販売しています。 しかし、農業には潅水以外にも様々な要素を、自動制御できる機器があります。 ビニールハウス内の環境を作物の生育にあわせてくれる機…続きを読む

少量多潅水は効率的なのか?試験場の実験結果を紹介

ビニールハウス栽培の要ともいえる「潅水」。 作物の生育に大いに影響するため、潅水方法や潅水資材は慎重に選びたいところです。 潅水方法には噴霧潅水、点滴潅水、頭上潅水などいくつかの方法があります。 中でも、昨今注目を集めて…続きを読む

農作業が楽に!ビニールハウスAI管理システムを紹介

「スマート農業」という言葉が世の中に出てしばらく経ちました。 潅水やトラクターなどの自動運転化、ドローンの利用など、あらゆる農作業がスマート農業化しています。 実際にスマート農業に切り替えて、「作業が楽になった」、「効率…続きを読む

自動潅水やICTで野菜栽培!農業参入している大企業

「企業の農業参入」という言葉を聞いたことはあるでしょうか? 農業では、後継者不足やそれに伴う耕作放棄地の増加といった問題を解決するために、企業の積極的な参入が求められています。 そこで、2003年から企業が農地を借りて農…続きを読む

潅水ホースの種類と使い方!目的に応じた効果アップ

ビニールハウスで作物を育てるとき、露地栽培とは異なり潅水が必ず必要となります。そのため、潅水設備は作業の効率化という点で非常に重要です。 潅水設備を導入することで、水やりの時間を設定してボタンを押すだけですべての作物に水…続きを読む

潅水チューブの目詰まりを解消!原因と対策を解説

潅水設備を導入してしばらくすると、「潅水チューブにゴミが溜まって詰まってしまった」という経験はありませんか? 潅水設備は、あらかじめ潅水予約を設定しておけば簡単に作物へ水をあげられる便利な装置です。 しかし、使い始めてし…続きを読む

タイマー機能で潅水!住化農業のホースや装置を紹介

「規模拡大したいから、自動灌水装置の導入が必要だな」なんて考えたことありませんか? 作物を育てるにあたって、水やりは欠かすことのできない非常に大切な作業です。 毎日天候と相談しながら、潅水する量や時間を決める必要がありま…続きを読む

霧状散水!住化農業資材の「ミストエース」シリーズとは

潅水チューブは、農作物の水やり作業を省力化する重要な設備です。しかし、水分の過不足や土の跳ね返りが、農作物の生育に大きな影響を及ぼすため、水滴が細かく土の跳ね返りが少ない潅水チューブの開発が求められてきました。この記事で…続きを読む

自動潅水システムを使った革新的な研究結果をご紹介

目次 1.自動潅水システムを使った野菜栽培の研究結果 2.トマト栽培における自動潅水システムの優位性と品種間差 3.ピーマン栽培における自動潅水システムの効果 1. 自動潅水システムを使った野菜栽培の研究結果 自動潅水シ…続きを読む

生産・販売・経営管理で農業をITで見える化!

高齢化による農業従事者の減少など、さまざまな問題を抱えている日本の農業。とくに労働者不足が深刻化する中で、農業における様々な管理の省力化は急務と言えるでしょう。 そこで今回は省力化だけでなく収量や品質の向上なども期待でき…続きを読む