潅水方法の種類や方法における最適な潅水チューブは?

LINEで送る
Pocket

農作物の水やり作業は、農業生産者が行う作業の中でも特に重要な仕事の一つとされています。

大規模農場やビニールハウス等の施設栽培では、水やり作業の負担軽減と省力化を目的に、手動による潅水制御装置を用いた水やり作業が行われています。

この記事では、潅水制御装置に使用される潅水チューブの種類と選び方を解説していきます。

目次

1.潅水チューブとは?

2.潅水チューブの役割

3.施設園芸や大規模な露地栽培で使用

4.潅水方法の種類

5.潅水チューブの選び方(孔のサイズや形状、配列など)

6.潅水チューブの紹介(住化農業資材)

7.潅水チューブの選び方まとめ

1.潅水チューブとは?

潅水チューブとは、等間隔に配列された数ミリ単位の小さい孔から水やり作業を行う農業用ホースのことを指します。

潅水チューブには、農作物の畝間に設置して使用するタイプの製品やビニールハウスなどの天井部等に設置して使用するタイプの製品など、様々な種類があります。

2.潅水チューブの役割

1)農作物の生育に欠かせない「水」を与える

農業における潅水チューブの役割は、農作物の生育に欠かせない「水」を与えることにあります。

農作物の水やり作業は、農作物の栽培管理の中でも特に多くの時間が費やされる重要な仕事です。

潅水チューブには、農作物の水やり作業に係る時間を大幅に短縮できるという側面もあります。

2)農作物の病害虫等への対策として

農作物の中には、品種によって葉に水がかかると病気になりやすいものもあります。

潅水チューブを使用すれば栽培する作物に適した水量のみを葉にかけることなく与えることができます。

3)品質や収量の向上に

農作物に与える水量は、品質や収量にも大きく影響を及ぼします。

土中の水分量は農作物の生育に係る重要な部分であり、例えばトマトなどは糖度を高くする為にあえて潅水量を抑制する栽培管理法がとられているようです。

潅水チューブを使用すれば、農作物それぞれに合った水量のコントロールが可能になります。

4)圃場の乾燥対策にも

潅水チューブは、夏場の暑さや雨不足など圃場の乾燥対策にも有効です。

農作物は土壌が乾燥すると土の中の栄養分や塩分濃度が高くなり、十分な水分を吸収できなくなるという特性があります。

潅水チューブを使用すれば、様々な気象条件や圃場環境に応じた潅水作業が可能になります。

3.施設園芸や大規模な露地栽培で使用

1)施設園芸

ビニールハウス等の施設園芸は、季節や天候を問わない栽培法であることや設置箇所の多様性から、潅水チューブが最も多く使用されるシーンとして知られています。

2)露地栽培

露地栽培では、先述した病害虫の予防や乾燥対策に加え、大規模化による労力の軽減や作業時間の短縮などを目的に導入している生産者も多いようです。

4.潅水方法の種類

1)地表潅水

地表潅水とは、作物が植えられた畝間の表面に潅水チューブを設置する方法を指します。

ビニールハウス等の施設園芸や野菜の露地栽培等で行われる一般的な潅水方法です。

潅水チューブを初めて使用する方は、まずはこの方法を試してみてはいかがでしょうか?

2)点滴潅水

点滴潅水とは、潅水チューブの圧力を調整して行う潅水方法です。

点滴のようなゆっくりとした潅水が特徴で、地表に設置して使用するタイプの製品と地中に埋没して使用するタイプの製品の2種類があります。

ムダの無い効率的な潅水が特徴です。

3)頭上潅水

頭上潅水とは、ビニールハウス等の天井部にノズル付きのパイプを設置して施設全体を潅水する方法を指します。

最近では細かい霧状の水を散水するタイプも発売されています。

5.潅水チューブの選び方(孔のサイズや形状、配列など)

潅水チューブは、孔のサイズや開き方、形状、ピッチ数など、栽培する作物や栽培の方法に応じた製品が数多く発売されています。

1)孔のサイズ

孔のサイズは、0.1㎜~0.8㎜位が一般的で、水稲の育苗やホウレンソウ、シュウギクなどの軟弱野菜では0.2㎜から0.3㎜前後、イチゴやメロン、スイカなどの果菜類で0.2㎜から0.6㎜前後の孔径が使用されています。

2)片面孔/両面孔

潅水チューブには、片面のみに孔が開いた片面孔タイプと両面に孔が開いた両面孔タイプの2種類があります。

農作物の畝間から片側のみ潅水したい場合は片面タイプを、両側に潅水したい場合は両面タイプを使用します。

3)孔の形状

潅水チューブの孔の形状は、〇孔タイプと✕孔タイプの2種類があります。

✕孔タイプは、水が霧状に拡散するという特徴に加え、目詰まりが起きにくいというメリットもあるようです。

4)孔のピッチ(間隔)

孔の配列は、それぞれの孔が互い違いに配列された「千鳥型」が一般的です。

孔と孔のピッチ(間隔)には様々な規格があり、栽培する作物や方式に応じて様々な規格が使い分けられています。

水稲の育苗や野菜の栽培など一般的に使用されるピッチ数は7.5㎝~30㎝前後と言われています。

5)チューブの厚み

潅水チューブは厚みにも様々な規格があります。

厚みのサイズは、強度面の違いは元より、栽培する作物や潅水方法によって0.12㎜~0.4㎜前後の規格で使い分けられています。

6.潅水チューブの紹介(住化農業資材)

1)スミサンスイM・M03(水稲の育苗用など)

https://www.sumika-agrotech.com/irrigation/products/spray/sumi_sansui_m/

特徴

・長尺ながらも均一な散布を実現

・霧状散布による全面潅水

・圧力調整機能付き(地表・点滴・頭上いずれも可)

・目詰まりの軽減

・特殊ポリエチレン製による高耐性

2)スミサンスイRハウスワイド(軟弱野菜・葉菜類など)

https://www.sumika-agrotech.com/irrigation/products/spray/sumi_sansui_r_house_wide/

特徴

・ハウス栽培専門の潅水チューブ

・7.2mを超える散水幅

・最長80mまでの長尺均一性

・メタロセン触媒配合のポリエチレンを採用

・長尺ながらも均一な散布を実現

3)スミサンスイR露地ワイド(軟弱野菜・葉菜類・花き類など)

https://www.sumika-agrotech.com/irrigation/products/spray/sumi_sansui_r_roji_wide/

特徴

・10m以上の飛び幅

・省力化に特化した機能性

・潅水孔を新たなパターンで配列

・長尺ながらも均一な散布を実現

・特殊ポリエチレン製による高耐性

4)スミサンスイNEWマルチ60(葉菜類・果菜類・花き類など)

https://www.sumika-agrotech.com/irrigation/products/horizontal/sumi_sansui_new_multi/

特徴

・間隔3㎝の細かいピッチ

・マルチ下・水平散水に適用

・病害虫を防ぐ散水設計

・花き類などマルチなし作物にも使用可

・特殊ポリエチレン製による高耐性

5)スミチューブスイカ・メロン(葉菜類・果菜類・花き類など)

https://www.sumika-agrotech.com/irrigation/products/horizontal/sumi_tube_kasai/

特徴

・イチゴやスイカ、メロン、果菜類に特化

・孔径やピッチなど作物別の仕様を展開

・優れた均一性

・目詰まりの軽減

・マルチの破損を防止

6)ミストエース35サイドライン(葉菜類・果菜類・根菜類・花き類など)

https://www.sumika-agrotech.com/irrigation/products/horizontal/mist_ace_35_sideline/

特徴

・片側10㎝幅のピッチ

・孔径0.3㎜(1か所2孔)

・株元潅水にも提供

・農作物の畝表面に散水

・特殊ポリエチレン製による高耐性

7)ストリームライン80(葉菜類・果菜類・根菜類・花き類など)

https://www.sumika-agrotech.com/product/pdf/kansui_streamline_80.pdf

特徴

・作物の根のみに潅水する点滴タイプ

・優れた節水性

・葉への飛散防止(病気予防)

・目詰まりの軽減

・土中の通気性が良好で肥料分の吸収が早い

8)ミストエース20果樹02L・04L(果樹類など)

https://www.sumika-agrotech.com/irrigation/products/side_overhead/mist_ace_20_kajyu/

特徴

・ナシやブドウ等の栽培に特化

・果樹棚や樹下に適した吊り上げ式を採用

・帯状潅水が可能

・特殊穿孔を施した小水量タイプ

・約3.5mの散水幅

7.潅水チューブの選び方まとめ

この記事では、様々な種類がある潅水チューブの内、特に需要が高いとされる代表的な製品をピックアップしてきました。

しかし、国内にはこれらの製品以外にも栽培する作物や品種、栽培方法によって数多くの製品が流通しています。

この記事を参考に潅水チューブの導入を進めていただきながら、ご自身の農業経営に沿った製品が見つかれば幸いに思います。

Tags: | | | | | | | | | |