高機能ビニールハウスソリューション

高機能ビニールハウスは、低コストでありながら「環境制御」と「耐候性(耐風・耐雪)」の機能を有し、収量アップに直結する高回転を実現したビニールハウスです。SenSprout Pro センサーシステムと高い技術力を備えた栽培コンサルティング。ハード・ソフト両面からソリューションを提供することにより農業生産コストの低減及び生産性の増大を実現させます。 

img02

SenSprout Pro センサーシステム

SenSprout Pro土壌水分量センサーは静電容量の変化を検知し、土の中の水分量を測ることが可能です。プリンテッド・テクノロジーを用いているため、小ロットでも低コストで製作できるという特徴があります。土の深さ10cm、20cmのセンサー部分が触れている土壌水分量と地表付近の気温を測定します。ゲートウェイ1台に対して、半径約150mの範囲内であれば、センサーを99台まで接続することが可能です。

リアルタイムでデータを解析

センサーから取得したデータを解析し、いつでもどこでもリアルタイムで確認することができる直感的で使いやすいインターフェイスを提供しています。生産管理者の多い大規模な農場でもスムーズにデータ共有できるメンバー招待機能や、自動で土壌の変化を検知してお知らせする通知機能で、土壌の状態を確認できます。

設備コストを低減したビニールハウス

1. 果実堂の灌水技術・換気技術を自動化することにより、収量・回転数が上昇します。

2. ビニールハウスの建設にあたっては構造計算を行うことで適選に部材を配置し、鋼材の使用量を適正化します。

3. 開閉頻度の高い部分は自動化、低い部分は手動とし設備コストを低減します。

栽培コンサルティング

ベビーリーフ生産販売の第一人者である㈱果実堂テクノロジーと事業提携を行い、高機能ハウスの普及と新規農業参入企業の経営の安定・向上を支援する農業コンサルティングサービス(有料)を提案しています。

農業ハウスソリューションの導入について、なんでもご相談ください。

農業ハウスソリューションを活用いただくための提案、最適な方法をご紹介します。

This entry was posted in . Bookmark the permalink.