スマート農業センサ「SenSprout Pro」で低コスト!  自動環境制御・耐風圧設計の 高機能ビニールハウスの開発・販売事業を開始

株式会社 SenSprout(本社:東京都港区、代表取締役:三根 一仁、以下当社)は、株式会社果実堂(本社:熊本県 上益城郡、代表取締役:井出 剛、以下果実堂)と株式会社果実堂テクノロジー(本社:熊本県上益城郡、代表取締 役:高瀬 貴文、以下果実堂テクノロジー)の協力を得て、プリンテッド・エレクトロニクスを用いた、土壌水分センサを利用した自動環境制御・耐風圧設計の高機能ビニールハウスの開発・販売事業を開始します。

ビニールハウスの内装

【開発の背景】
農業従事者の高齢化と就農人口の減少により、各種作業の自動化を取り入れた施設のニーズが高まっている。また、日本では価格面から構造上脆弱な簡易パイプハウスが普及していますが、台風や豪雪等の自然災 害の度にハウスの建替えや補修といったコストが掛かります。強度が高いとされているハウスも、耐風圧や耐積雪圧など、地域によって求められる仕様が異なることから、規格の標準化が遅れており、構造的な過不足が生じております。

そこで本事業では、農業参入企業等のニーズに合った園芸施設を提供することを目的に、「低コスト」、「耐候性」、「環境制御」の特徴を有した農業用ハウス(商品名「高瀬式高機能ハウス」)の開発、販売を行います。

 

■ 国内最大のベビーリーフで培ったノウハウ
「環境制御」の面では、国内最大のベビーリーフ(野菜の幼葉)メーカーである果実堂の水管理ノウハウ、 および、年間 6,000 作以上の栽培データと、東京大学発ベンチャー企業である当社のプリンテッド・エレク トロニクスを用いた土壌水分センサを組み合わせている。現在は手作業と人の判断に依っている灌水作業 (土壌水分量の測定から灌水量・時間の決定、灌水装置の制御)を、安価なセンサやネットワークを用いて 自動化し、作業負担の軽減と収量の向上をはかることができます。さらに、温度、湿度、日射量、画像等の データを基にIoT(Internet of Things:あらゆるモノがインターネットに接続され、相互に制御する仕組 み)を活用して、高度な複合環境制御を行えるように改良を進めていくことが可能です。

①収量アップ・高回転
高気密により冬場の保温力を高め、回転数向上が見込めます。
高い換気能力により、通常のハウスに比べて高温期のハウス内の温度を効率的に下げることができ、収量向上が図られます。

②低イニシャルコスト
ハウスの汎用部材を活用し、構造計算をかけ、適正な補強を入れることにより、今まで経験則で行っていた補強方法より構造力学の概念を用いて、理論的な鋼材の使用量の適正化が可能です。

③低ランニングコスト
高気密により冬場の保温力が高いことから、暖房が殆ど不要で、暖房費(重油代)が大幅に削減することができます。

④耐風圧・耐雪圧設計
パイプハウスの構造計算を行うことで、施設園芸協会の「低コスト耐候性ハウス」の認証基準(耐風圧 50m、耐雪圧 50cm)をクリアしています。

ビニールハウスの構造

 

⑤土壌水分センサによる灌水の自動制御
土壌水分センサ(SenSprout Pro.)を各圃場に1台設置し、土中の深さ 10cm、20cm、30cm の 3 ヶ所の土壌水分を測定し、専用アプリからデータの閲覧、栽培履歴が閲覧することができます。このデータと予め設定した土壌水分程度による灌水の指示(自動灌水)が可能となります。

センサーのシステム

 

当社はより高温多湿なアジアモンスーン気候の日本で通用する低コスト耐候性環境制御ハウスの拡充に努めて参ります。

 

■SenSprout Pro の特長

SenSprout Pro

 

静電容量の変化を検知し、土の中の水分量を測ることが可能です。印刷技術を利用して低コストに電子回路やデバイス等を形成するプリンテッド・エレクトロニクスを用いているため、小ロットでも大量生産でも低コストで製作できるという特徴があります。大規模農業や高付加価値作物の灌漑の最適化、また、いつ起きるかわからない地すべりやがけ崩れリスクの評価といった応用が期待できます。

 

■株式会社 SenSprout 会社概要
商 号: 株式会社 SenSprout
所 在 地: 東京都港区麻布十番1-5-10
代 表 者: 三根 一仁
事業内容: 農業センサの開発販売、農業に関わるインターネットサービスの開発運用
設 立: 2015年1月9日

■株式会社果実堂 会社概要
商 号: 株式会社果実堂
所 在 地: 熊本県上益城郡益城町大字田原1155番地5
代 表 者: 井出 剛
事業内容: 大規模ベビーリーフの生産・販売、機能性発芽食品の開発・製造・販売
設 立: 2005年4月6日

■株式会社果実堂テクノロジー 会社概要
商 号: 株式会社果実堂テクノロジー
所 在 地: 熊本県上益城郡益城町大字田原1155番地5
代 表 者: 高瀬 貴文
事業内容: 農業コンサルティング事業、新規農業参入企業の企業支援、ハウス建設事業、資材機器販売
設 立: 2016年11月1日

【SenSprout について】
SenSprout はプリンテッド・エレクトロニクスを用いた、低コストセンサーで世界の水利用を最適化するソ リューションを開発しています。
http://sensprout.com/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社 SenSprout
担当者名:桜庭 康人
Email: info@sensprout.com